トップページ百科事典 > ズワイガニ

カニの百科事典

ズワイガニ (ずわいがに)

 エビ目カニ下目クモガニ科に分類される雄のカニ。甲羅の前後の長さは8~13センチで幅は40~50センチ。頭が小さく、脚が細く長いのが特徴。生息場所は水深250~400m付近、15回前後の脱皮を繰り返す。福井県でとれたものは「越前がに」と呼ばれる。島根県、鳥取県、兵庫県などではマツバガニ(松葉がに)の呼称。雌のズワイガニはセイコガニ。福井県で採集された最も深い記録は650メートル、最も大きな記録は雄が甲幅158ミリメートル、雌が98ミリメートル。

 日本のズワイガニ漁獲量の最高記録は1967年の30384トンで、福井県でのズワイガニ漁獲量の最高記録は1962年の2099トン。

 地域によって愛称は異なり、福井県では「越前がに」、京都府は「間人がに」、兵庫・鳥取県は「松葉がに」と呼ばれている。

百科事典インデックス


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)