トップページニュース > 越前がに「高値の花」 競り値 ズワイ4割上昇 セイコは2割

越前がに「高値の花」 競り値 ズワイ4割上昇 セイコは2割

2020年12月09日

 福井県が誇る冬の味覚、越前がにの取引価格が高騰している。2020年11月末時点の競り値単価は、ズワイガニで昨年同期に比べ約4割上昇。漁獲量が昨年同期より減少している上、国の観光・外食産業支援策「Go To キャンペーン」で需要が高まり、関係者は「今までにないほど高い」と口をそろえる。宿泊施設などは仕入れに苦慮し、シーズン途中で値上げに踏み切る異例の動きも出ている。


 越前がには、ズワイの最上級ランク「極(きわみ)」が登場した2015年度以降ブランド力が高まり、価格の上昇が続いている。競り値単価は14年度に比べ17、18年度はともに1割超、19年度は約2割それぞれ上がり、過去最高となった。

 今シーズンは、漁解禁直後の11月6~9日の漁獲量は昨年同期とほぼ同じだったものの、単価はズワイが昨年同期と比べ31%、セイコガニは15%高くなった。同30日時点では、漁獲量がズワイ81%、セイコ102%に対し、単価はさらに上がり、ズワイが46%、セイコは18%高くなっている。例年、11月中旬から12月上旬は「本来なら価格が落ち着く時期」(県担当者)だが高止まりが続いている。

 福井県内の市場関係者は「石川産や山陰産のカニも例年の倍ぐらい高くなっている感覚。県をまたいで奪い合いになっている」と指摘する。食品スーパーなどを展開するヤスサキ(本社福井市)の担当者も「今年は価格が高く、スーパーで売りづらい。売り場を縮小している」と話す。

 今後は歳暮向けや年末年始で需要が増え、さらに価格が上がるとみられる。坂井市で宿泊施設などを運営する男性は「手の届かない特別な食べ物になってしまった。競りにかかるカニは少なく、高く、手に入れるだけで一苦労」。漁期の短縮や養殖など将来を見据え資源を増やす対策が必要と訴えた。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

芸能人・有名人が多数来店!三国を代表する名店「みくに隠居処」が味・見た目・バリエーションにこだわった蟹ランチをご提供。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)