トップページニュース > おろしそばの歴史も堪能 東京で講座

おろしそばの歴史も堪能 東京で講座

2019年05月30日

 福井県を代表する食の一つ、越前おろしそばを味わい、その歴史を学ぶ講座が5月28日、東京・日本橋のそば店で開かれた。講師は福井ゆかりのフードジャーナリストで本紙に「食は福井にあり」を連載している向笠千恵子さん。首都圏を中心とした受講者21人が、福井の豊かな食文化に触れた。

 「東京で味わう北陸・福井の味」をテーマにNHK文化センター青山教室が、福井県と福井市の協力を得て開催する講座の第1弾。サバ、越前がになど食材を変えて数回の講座を予定している。

 献立は越前おろしそばのほか、へしこ、竹田の油揚げ、上庄里芋の煮っころがし、麩(ふ)のからしあえなど約10品。向笠さんとそば店「御清水庵 清恵」の店主、中本好美さんらが選んだ素朴な料理が並んだ。

 向笠さんは、戦国時代に朝倉氏がソバの栽培を広め、江戸時代に結城秀康の家臣が連れてきたそば職人らがおろしそばの原型を完成させたと説明。中本さんは、同店のおろしそばの特徴などを紹介した。受講者たちは向笠さんらの話に耳を傾けながら、料理を楽しんでいた。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品