トップページニュース > 【乗船体験ルポ】越前がに漁に密着 海は戦場50隻火花 「宝石」求め不眠不休

【乗船体験ルポ】越前がに漁に密着 海は戦場50隻火花 「宝石」求め不眠不休

2019年11月12日

ルポ

  「出ようかの」―。11月6日の越前がに漁解禁の1時間半前、福井県越前町漁協の越前がに漁総責任者を務める日比野大樹船長=海昌丸、15トン=が無線で号令をかけると、沖合に並んだ漁船約50隻が一斉にスタートした。「一年で最も気を張る日」(日比野船長)の始まりだ。限られた漁場で、何隻もの船がしのぎを削る越前がに漁。同乗する海昌丸初代船長の藤川満喜さんはこう表現した。「銃弾の飛ばない戦争だよ」

 
 6日午前0時、操業開始。海昌丸は、弧を描きながら左右のリールに巻き付いた計3千メートル以上のロープを伸ばし、袋状の網を作る。1時間余りかけてゆっくり引き、巻き揚げ開始。日比野船長の「はよ網を揚げーま(早く網を揚げろ)」との声に、船内は殺気立つ。
 
 緊張の1回目を揚げると、網からはカニだけでなくさまざまな魚が飛び出し甲板を彩る。しかし、結果は物足りない。藤川さんは「いい時は網を揚げきるまでに分かる」とカニの少なさを嘆いた。漁場を変えると、高値の付く雄のズワイもかかったが、まだまだだ。
 
 脚が多く折れたカニなどは間引かれ、越前がににはタグが付けられる。さらに雄雌、大中小、脚の有無などで細かく分けられる。次の底引き網の準備もしながらの作業で、船上では息つく暇もない。
 
 6日正午ごろまでの間に5回網を入れた。しかし「ここ数年で一番だめ」(日比野船長)。読みと運、この二つが合致して初めて大漁となる。船はいったん帰港し競り分を下ろすと、沖にとんぼ返り。次に港に戻るのは7日午前8時で、海の上ではほぼ不眠不休。闘いは続く。
 
 帰路の甲板で、漁師たちに加わり「漁師鍋」をいただいた。イカ、カレイ、タラ、エビなど、とれたての食材を使ったごちそうが空っぽの胃袋に染みた。約14時間ぶりに陸に上がると少し揺れているように感じ、漁師の大変さも自分の身に染みていた。

関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)