トップページ百科事典 > 越前がに

カニの百科事典

越前がに (えちぜんがに)

 福井県近海で取れたズワイガニの雄。エビ目カニ下目クモガニ科に分類されるカニ。県は1989年、県の魚として定め、翌年にシンボルマークを選定した。県を代表する特産品で「冬の味覚の王者」として有名。主に越前町での漁が盛ん。水深200~300メートルほどに生息しており、10回以上の脱皮を繰り返して成長する。坂井市三国町では毎年、皇室に献上している。

 漁獲されるズワイガニの雌はセイコガニと呼ばれる。セイコガニの「セ」は背中を、「コ」は子、つまり内子と呼ばれる成熟した卵巣を意味し、背中に子を持つカニを意味する。

 「越前蟹」の名称が出てくる古い記録として、京都に住む位の高い公家、三条西実隆の1511年3月20日の日記があり、「伯少将送越前蟹一折」、翌21日には「越前蟹一折遣竜崎許了」と記載されている。

百科事典インデックス


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「かにまつり」のPRに奔走

池野政義

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)