トップページニュース > 福井県農家や鮮魚店→アンテナ店 東京にTV電話で販売へ

福井県農家や鮮魚店→アンテナ店 東京にTV電話で販売へ

2013年10月04日

観光

(イラスト=)福井と東京をネット回線で結び、対面販売 福井県は11月上旬から、東京にある県のアンテナショップ「ふくい南青山291」「食の國福井館」と県内の鮮魚店や農家をインターネット回線のテレビ電話で結び、首都圏の人に新鮮な魚介類や旬の野菜を対面販売する新サービスを始める。配送料の一部を県が補助し、翌日には商品を顧客に届ける。県は「新サービスを通じて本県の新鮮な食材の良さをまずは知ってもらい、その後の販路拡大につなげたい」としている。

県産業政策課によると、都道府県のアンテナショップでテレビ電話の対面販売サービスは全国初の試み。

アンテナショップの売り場と県内鮮魚店、農家側それぞれのパソコンをインターネット回線で結び、リアルタイムで対面販売する。テレビ電話を通じて売り手はその日のお薦め品や鮮度をアピールでき、買い手は店頭と同じように商品に対する質問や値段交渉などが可能になる。鮮魚ならば「3枚に下ろして発送を」といった注文にも対応するという。

販売は両アンテナショップともに週に2回。1回の販売は2時間程度を予定している。県内の鮮魚店、農家それぞれ3~4軒が日替わりで登場する。

サービス開始は越前がに漁解禁の11月6日前後を目指す。野菜は旬を迎えるサツマイモやサトイモを販売する予定で、季節に応じて回線を結ぶ農家が交代する。

本年度は配送料の3分の2、来年度は3分の1を県が負担してサービスの利用を促す。県は必要経費として9月補正予算案に約360万円を計上している。

同課は「一般の消費者はもちろん、本県ゆかりの首都圏の飲食店にも広く利用を呼び掛け、その後の直接取引のきっかけにしたい」としている。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)