トップページニュース > 茶色いブツブツとミミズ?は何? 越前がに解禁日回顧(2)

茶色いブツブツとミミズ?は何? 越前がに解禁日回顧(2)

2014年11月11日

解禁

ズワイガニの甲羅にビッシリとついたカニビルの卵=6日、福井県越前町の越前漁港 越前がに漁が解禁した6日、福井県越前町の越前漁港で、初競りを控えたオスの大きなズワイガニが水槽でじっと「その時」を待っていた。気になるのは、甲羅にビッシリとついている茶色いブツブツと、ミミズのようなちょっと不気味な生きもの。これは一体何?

 これは、カニビルとその卵。親は9~10センチメートルで、体の先端と後端を交互に吸い付けながら、甲羅の上を動き回るという。

 4、5ミリほどの茶色のブツブツが卵。カニのヒル、というとカニから栄養を吸い取って害がありそうだが、カニビルは魚をエサとしていて、卵を産み付ける場所として甲羅を利用しているだけで、まったく害はないという。

 むしろ、脱皮間もないカニには卵はなく、脱皮後の期間が長いほど卵がビッシリとつくことから、肉の実入りが良いことを示しており、おいしいカニの目安になる。  なお、親は水洗いしたり、ゆでると落ちるため、一般の人の目に触れることは少ない。一方で、卵の殻はカニビルの幼生がふ化した後の「殻」がゆでた後でも残るため、家庭などでも見かけることがある。

 ※越前かに、越前ガニ、越前カニなどの呼称もありますが、福井県は統一ブランド名として「越前がに」としています。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)