トップページニュース > 越前がに続々水揚げ 漁解禁港に活気

越前がに続々水揚げ 漁解禁港に活気

2013年11月07日

解禁

次々と水揚げされ、競り場にずらりと並んだ越前がに=6日午後4時半ごろ、越前町大樟の越前漁港(柿木孝介撮影) 日本海の冬の味覚の王様、越前がに漁が6日、解禁された。越前町や坂井市三国町の漁港にはズワイやセイコが次々と水揚げされ、港はシーズン到来に活気づいた。

越前町の各港からは5日夜、底引き網船44隻が出港。沖合で6日午前0時の解禁を待ち一斉に網を入れた。昼すぎから夕方にかけ、28隻が同町の越前漁港に続々と帰港。生きたズワイは素早く水槽に移された。初漁を終えた船長は「水揚げはまずまず。今シーズンも生きのいいカニをたくさん捕りたい」と話し、再び漁場へ船を出した。

初競りは午後5時に始まり、港に威勢のいい掛け声が響き渡った。仲買人や鮮魚店主などが指で値段を示して次々に競り落とした。

同町漁協によると、競り値はズワイが1万~3万円で昨年並み、セイコは500~千円で昨年より1~2割高かった。水揚げ量はズワイが例年よりやや少なめの約1700匹、セイコは例年並みの約8万2千匹だった。

坂井市の三国漁港からは三国港機船底曳網漁協所属の漁船13隻が出漁。10隻が6日午後2時ごろから帰港し始め、新鮮なカニを次々と水揚げしていった。県漁連三国支所によると、初競りではズワイは5千~4万円と昨年よりやや高め、セイコは300~3千円で昨年並みだった。

漁期は、セイコが昨シーズンより10日短縮され12月31日まで、ズワイは変わらず来年3月20日まで。(大西崇弘、高村友基)


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)