トップページニュース2014年3月 > 11月6日越前がに漁が解禁 今季の水揚げどうなる?

11月6日越前がに漁が解禁 今季の水揚げどうなる?

2013年10月23日

解禁

昨年の解禁日に、次々と水揚げされ、競り場に並べられる越前がに=昨年11月午後4時40分ごろ、越前町小樟の越前漁港 福井県を代表する冬の味覚、越前がには11月6日に漁が解禁となる。昨年度の越前がにの水揚げ量は過去5年で最高となり、セイコ(雌)、水ガニ(脱皮半年以内の雄)の水揚げ量がともに前年度比48%増の伸びとなった。ズワイ(雄)も含めた漁期終了時点の総量は前年度の479トンを上回る約500トンとなった。今年の水揚げ量はどうなるか。価格にも影響するとあって注目される。

昨年度、1月10日に漁期が終了したセイコは、一昨年11月の解禁以来の水揚げが171トン(前年同期116トン)。入れ替わって1月11日に始まった水ガニも119トン(同80トン)と好調に推移。ズワイは206トン(同224トン)と前年同期比8%減だが、越前がに全体では496トン(同419トン)と前年を18%上回った。

漁獲対象となるのは、雄とセイコが甲羅の幅9センチ以上、雄で脱皮半年以内の水ガニは同10センチ以上。昨年の事前調査による推定資源量は、雄、雌ともに前年度を上回っており、元々好漁が期待されていた。

越前がに漁を行う漁船は、大小78隻が5日に出港。6日午前0時の解禁と同時に網を入れ、夕方ごろまでに帰港する。初競りは越前町漁協で午後5時、県漁連三国支所で同6時から始まる。県内スーパーなどには7日以降に並び始める見込み。

漁期はズワイが来年3月20日、セイコが来年1月10日まで、水ガニは来年1月11日から3月20日までとなっている。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かにまんじゅう

越前かにまんじゅう

10人分

越前がにのうま味をぎゅっと詰め込んだ一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)