トップページニュース2014年3月 > 焼き鯖寿司29・1mに挑戦 越前がになど「味の祭典」

焼き鯖寿司29・1mに挑戦 越前がになど「味の祭典」

2013年11月18日

イベント

約80人が参加し、和気あいあいと29.1メートルの焼き鯖寿司を作る親子連れら=16日、福井市の県産業会館 越前がになど秋を彩る福井県自慢の食材を集めた「ふくい味の祭典」が16日、福井市の県産業会館で始まり、巨大焼き鯖寿司(さばずし)作りに親子連れら約80人が挑戦するなど多くの来場者でにぎわった。県の「ふくい味の週間」のメーン行事で、県産品の魅力と地産地消、食育の取り組みを17日まで広く発信する。(西脇和宏)

「ふくい(291)」にちなんだ長さ29・1メートルの焼き鯖寿司作りには、約30キロの県産コシヒカリを炊いた寿司飯と、北陸沖で捕れたサバ約130匹を用意した。プロの職人から家庭でおいしい寿司飯を作るコツを聞いた後、参加者はラップを敷いた巻きすの上に、焼き鯖と大葉を一直線に並べ、かんぴょうやしょうが、ごまが入った寿司飯を載せていった。

巻きすで形を整え、「せーの」の掛け声で一斉にひっくり返すと、きれいな焼き鯖寿司が完成、会場から大きな拍手が送られた。福井市の田中美佳さん(9)は「巻くところが面白くて、うまくできた。魚が大好きなので早く食べたい」と笑顔を見せた。

県内小中学校の給食が味わえるレストランにも行列ができた。メニューは嶺北と嶺南の2種類で、児童生徒に人気の品から栄養教諭や調理員が投票で決めた。「秋野菜のごまみそあえ」「越のルビー」「福井梅と青大豆のごはん」「ふぐとさつまいものケチャップあえ」などを提供した。

福井市の自営業越田賢一さん(35)は「自分たちの時代の給食に比べ、味付けは似ているが、とても工夫されている。懐かしさ半分、新しさ半分」と話し、盛んに箸を動かしていた。

会場には約120のブースが並び、新そばや越前がに、旬の農産物、地魚を求める買い物客で込み合った。越前市白山・坂口地区を中心とした「コウノトリ呼び戻す農法部会」の無農薬米や、シカ、イノシシの肉を使ったジビエ料理が目を引いていた。

17日は全国高校生食育王選手権、全日本素人そば打ち名人大会などが開かれる。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。

越前かにニュース (月別アーカイブ)