トップページニュース2013年11月 > 越前がになど神楽坂で発信 23、24日に催し

越前がになど神楽坂で発信 23、24日に催し

2013年11月19日

イベント

「ドーンと福井in神楽坂」のチラシ 福井県自慢の食文化や旬の味覚を一堂に発信するイベント「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」(県、若狭湾観光連盟主催、福井新聞社共催)は23、24の両日、東京都新宿区の神楽坂通りで開かれる。歴史情緒あふれる街歩きのメッカ・神楽坂を舞台に、福井ブランドをアピールする。

神楽坂は江戸時代に小浜藩主の酒井忠勝が屋敷を構えた場所で、通りは江戸城に続く登城道として整備された。現在、坂を上り切った矢来公園には「小浜藩邸跡」と記された石碑が建っており、本県ゆかりの地となっている。

イベントは2008年から開催し、今年で6回目。地元の神楽坂商店街振興組合や神楽坂通り商店会などの協力を得て、今回は「来て! 観て! 食べて!―福井」をキャッチフレーズに、本県特産品の試食・販売など多彩な催しが展開される。23日午後1時からは、酒井忠勝役ら時代衣装姿の一行が通りを練り歩く「登城行列」が繰り広げられる。

両日ともメーン会場となる赤城神社境内では越前がにや若狭ぐじ、鯖のへしこ、梅干しなどの試食・販売のほか、特産品が当たる抽選会が行われる。境内ギャラリーでは若狭路浪漫教室と銘打って、鯖のへしこ料理教室が開かれる。

通りの店舗では越前・若狭ランチとして若狭へしこパスタ、越前おろしそば、かに新上炒飯などのワンコイン(500円)特別メニューを提供。ふくいブランドコーナーでは県立恐竜博物館の大型肉食恐竜アロサウルス頭骨(複製)や実物化石が展示されるほか、冬のスイーツ「水ようかん」の食べ比べ・販売が行われる。

開催時間は両日とも午前11時~午後5時。雨天決行。問い合わせは県嶺南振興局若狭県民サービス室=☎0770(56)2212、または若狭湾観光連盟=☎0770(52)7701。いずれも平日午前8時半~午後5時15分。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

名物カニ料理「宝楽蒸し・蟹味噌しゃぶ・塩釜焼き」をはじめ、創作カニ料理を提供する越前がにの本場「三国」の名店。1日3組限定のお宿も併設!

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

「越前かに」の名付け親、知名度向上に貢献

壁下誠

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)