トップページニュース2013年11月 > 越前がに、今季は全体的に高値? 福井沖漁獲予想「少なめ」

越前がに、今季は全体的に高値? 福井沖漁獲予想「少なめ」

2014年11月05日

解禁

昨シーズンの漁解禁日に水揚げされた越前がに=昨年11月6日、福井県越前町大樟の越前漁港 福井県を代表する味覚、越前がにの漁が6日解禁される。県の調査によると、本県沖合での今シーズンの予想漁獲量は、雄のズワイが「昨シーズンより、やや少ない」、雌のセイコは「昨シーズン並みか、やや少ない」となった。

 昨シーズンの漁獲実績は、雄が341トン、雌は119トンだった。実際の漁獲量は天候に左右される面も大きいが、一般的に漁獲量が少なくなれば単価は上昇する。脱皮後間もない雄のズボガニ(水ガニ)の漁期が今シーズン短縮されることもあり、越前がに全体で昨シーズンより高値も予想されそうだ。

 調査は県水産試験場が6月、県内20地点で試し引きを行って実施。網に掛かった数などから資源量を推定した。その結果によると、今年の漁獲の中心になる生後8年程度の雄は、その前後より資源水準が低くなっている。雌についても漁獲対象になるものが少ないという。来シーズン以降に漁獲対象となる個体については、雄雌ともに十分な数がいるとみられる。

 漁期は、ズボガニが昨シーズンから8日間短縮され、来年2月1日~3月12日まで。漁期の短縮は2年連続となる。ズワイは6日から来年3月20日、セイコは6日から12月31日までとなっている。

 越前がに漁を行う漁船は、大小75隻が5日に出港。6日午前0時の解禁と同時に網を入れ、夕方ごろまでに帰港する。初競りは越前町漁協で同日午後5時、県漁連三国支所で同日午後6時から始まる。

 越前がにの漁獲量は、1979年度の210トンを底に緩やかに回復。近年は雄が300トン台、雌が100トン強で推移している。国の2013年度版資源評価によると、本県沖など日本海西部海域の資源動向は横ばい傾向にあるとされている。一方、県内での漁獲金額は昨シーズン、過去最高の18億6600万円を記録している。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)