トップページニュース2013年11月 > 越前がになど美食文化発信へ協会 伝統的食材や技術を次代へ

越前がになど美食文化発信へ協会 伝統的食材や技術を次代へ

2013年11月16日

「福井ガストロノミー協会」を設立し、昆布だしなどを使った「福井料理」を披露する奥井会長(中央)ら=15日、福井県福井市中央3丁目の開花亭sou-an 福井県の豊かな土地や水に育まれた美食文化を国内外に発信しようと、県内の料亭や旅館、食品販売の経営者有志が15日、任意団体「福井ガストロノミー協会」を設立した。伝統的な食材や調理技術を洗練して受け継ぐ「福井料理」の確立を目指し、北陸新幹線金沢開業も見据えた観光誘客につなげる。

ガストロノミーは、フランス語で「美食家」を意味する言葉。協会は、敦賀昆布や越前がに、コシヒカリ、若狭かれいなどの食材が持つ本来の魅力を伝えるための新たな商品・料理を開発。福井固有の食を楽しむ文化を観光資源化し、県外からも食通を呼び込めるブランドとして打ち出す。

「和食」は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に12月に登録される見通し。食文化を見直す機運の高まりが期待され、時流にも乗った取り組みとして注目を集めそうだ。

会長は昆布製造販売の奥井海生堂(敦賀市)の奥井隆社長、副会長は越前和紙企画・販売の杉原商店(越前市)の杉原吉直社長が務める。発起人は2人に加え、料亭の開花亭(福井市)の開発毅社長、青果仲卸の大同青果(同)の吉田敏章社長、べにや旅館(あわら市)の奥村隆司社長、南部酒造場(大野市)の南部隆保社長の計6人。名誉顧問に日本ソムリエ協会の岡昌治会長を迎えた。

福井料理のお披露目の場として、年2回程度のレセプションを開催。第1弾として2月10日に発信力のある著名な文化人らを招き、開発したメニューを味わってもらう。企業・団体、個人の会員を順次受け入れ、商品・料理の取扱先を増やしていく。

この日の記者会見では、海外でも注目が高まっている昆布だしを使った鯛(たい)の酒蒸し、上庄里芋と越前がにのグラタンなど4品が披露された。

奥井会長は「京料理と加賀料理に挟まれ、福井の料理は独自性を打ち出せずにいたが、古くより都に多くの食材を運んできた歴史がある。守り続けてきた食文化を世界に発信したい」とあいさつ。開発氏は「質の高い“本物”の食を求める人たちを福井に呼び込みたい」と意欲を語った。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)