トップページニュース2013年10月 > 資源減でセイコなど漁期短縮 越前がに、食卓に影響も

資源減でセイコなど漁期短縮 越前がに、食卓に影響も

2013年10月30日

解禁

昨シーズンの越前がに漁解禁日の競りの様子。今シーズンは、雌のセイコと水ガニの漁期が短縮される=2012年11月6日、越前町小樟の越前漁港 11月6日に解禁となる越前がにの漁期について福井県は29日、一部短縮されると発表した。資源量が減少傾向にあるため、漁業者の自主規制によって短縮する。雌のセイコは10日間、雄で脱皮半年以内の水ガニは21日間、それぞれ昨シーズンより短くなる。

セイコと水ガニは比較的安価で手に入り、家庭でなじみが深い食材。漁期短縮が、価格が上がることにつながると、冬の食卓への影響もありそうだ。

国は例年、5~6月に日本海西部海域(富山県―島根県)で、ズワイガニの資源量調査を実施。この結果、減少傾向と結論づけ、各県に漁期を短縮するよう求めていたことに対応した。県によると、同海域を有する他の府県も短縮の対応を取っているという。

国の1999年以降の同調査では、ズワイガニの資源量は2002年から増加し07年に最高となったが、以後は10年を除き毎年減少している。

県が6月に本県沖で調査した結果では、推定資源量について雄は昨年を上回る2202トンとなったものの、セイコは昨年比約33%減の298トンとなっている。

このため、本県ではセイコを11月6~12月31日まで(変更前11月6~翌年1月10日)、水ガニを2月1~3月20日(同1月11~3月20日)とした。雄ズワイの漁期は、11月6~翌年3月20日のままで据え置いた。漁期の短縮は、セイコが11年ぶり、水ガニが5年ぶり。

県漁連の中野治一専務理事は「水ガニとセイコの漁獲を少なくすることで、資源管理をしなければならない。持続して漁をするために、身を切る必要がある」と話している。

越前がに漁は大小79隻が行い、5日のうちから出港。6日午前0時の解禁と同時に網を入れ、夕方に帰港する。初競りは越前町漁協で同日午後5時、県漁連三国支所で同日午後6時に始まる。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)