トップページニュース > 越前がに 極(きわみ)認定  県、今季から ブランド強化

越前がに 極(きわみ)認定  県、今季から ブランド強化

2015年10月24日

解禁

 福井県は11月6日に漁解禁となる「越前がに」の観光営業戦略で今シーズンから重さ、大きさに基準を設け、それを上回ったズワイガニを最上級の新ブランド「極(きわみ)」として売り出していく。既に最高級ブランドとして知られる地位を確固たるものとし、県全体で水揚げされる越前がにの評価、価格のさらなる向上につなげる。
 西川知事が23日行った定例会見で明らかにした。
 「極」の基準は重さ1・3キロ以上、甲羅の幅14・5センチ以上、爪の幅3センチ以上。水揚げできるのは甲羅幅9センチ以上に限られるが、県水産課によると「極」の基準に達するズワイガニが揚がるのは、1シーズンに500匹前後で全体の0・5%以下という。従来の黄色いタグに加えて「極」の文字が入った黄色タグも付けて売り出す。

 西川知事は「極」の価格について「特別な値段になるだろう」と述べた。一方で「それ自体が目的ではない。福井県全体のカニの評価が上がるようにしたい。『極』が先頭に立ってリーダーシップをとるということ」と話し、全国、さらには世界に「越前がに」の魅力をアピールする観光営業戦略であることを強調した。

 重さ1キロ以上の越前がには通常、競り値で2~3万円、小売価格は、その2~3倍になるといわれる。北陸から山陰までの日本海側では、カニを石川県は「加能(かのう)がに」、京都以西では「松葉がに」の名前で市場に出している。産地間競争の中、最も単価が高い「越前がに」の地位を、さらに新ブランドで極めていく。

 越前がにのズワイガニの漁期は来年3月20日まで。出漁日の11月5日夜には越前町大樟の越前漁港で、大漁と安全操業を願う初の出漁式が行われる。
 

関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

10日先の天気を見て仕入れ

中瀬康雄

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)