トップページニュース > 神楽坂で越前がに試食も 福井の食文化発信催し

神楽坂で越前がに試食も 福井の食文化発信催し

2013年11月24日

イベント

「ドーンと福井in神楽坂」で時代衣装姿の一行が通りを練り歩いた登城行列=23日、東京都新宿区  福井県の食文化や旬の味覚を発信する「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」(県、若狭湾観光連盟主催、福井新聞社共催)は23日、東京都新宿区の神楽坂通りで開幕した。越前がにや若狭ぐじの試食販売や時代行列など多彩なイベントを繰り広げ、歴史情緒あふれる神楽坂の街を舞台に「福井ブランド」をアピールした。24日まで。

神楽坂は、江戸時代に小浜藩主の酒井忠勝が屋敷を構えた地で、通りは江戸城に続く登城道として整備された。坂を上った矢来公園には「小浜藩邸跡」と記された石碑が建ち、本県とのゆかりが深い。イベントは2008年から開かれている。

メーン会場の赤城神社で行われたオープニングセレモニーで、伊藤惠造・県観光営業部長が「地元のおいしい食材をたくさん持ってきた。大勢の人に味わってもらい福井の食を満喫し、福井にも足を運んでほしい」とあいさつした。

境内や通りには16のテントが並び、越前がにや焼き鯖寿司(さばずし)、福井梅の梅干しなど特産品の試食・販売が行われたほか、「若狭路浪漫教室」と銘打った鯖のへしこを使った料理教室が開かれた。「ふくいブランドコーナー」では、県立恐竜博物館の大型肉食恐竜アロサウルスの頭骨標本や化石が展示され、家族連れの人気を集めていた。

時代衣装姿の一行が通りを練り歩く「登城行列」も行われ、酒井忠勝や徳川家光役の人たちがやりを持ち、弓持ちを引き連れかつての登城の光景を再現。沿道では大勢の人たちがカメラを構え、熱心に見入っていた。(佐藤哲也)


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。

越前かにニュース (月別アーカイブ)