トップページ越前がに 職人紹介 > 中橋睦男

競り落とすには度胸が必要

006

中橋睦男

目利き

 明治時代に創業したかねいち水産の3代目。誕生日が越前ガニの解禁日11月6日という筋金入りの“カニの申し子”。同社は創業当時から代々越前漁協の指定仲買人を務めている。

 良いカニを見極めるコツは、カニをひっくり返して見たとき、お腹と足の色が「あめ色」であること。あめ色のカニは身入りが良い。「難しい判断になりますが、色は濃くもなく薄くもなくがポイント」。長年カニを見続けてたどり着く境地だ。

さらに、触ればだいたい分かるという。甲羅の真ん中を親指で力を入れて押してみる。ここが硬ければ硬いほど良いカニだそう。柔らかいカニはゆでたときに中の身が“すいて”しまうのだ。はさみの太さも重要な要素。たとえカニ自体が小さくても、太いほうが身がしっかりつまっているという。

 高校卒業後すぐにこの仕事を始めました。10年ぐらいは勉強期間だったと思います。

 かねいち水産は漁期中、越前町で揚がったカニの3割、多いときで半分くらいを仕入れる“大問屋”。地元の旅館や民宿、料理店だけでなく全国各地に顧客をもつ。

 たくさんの需要がある週末に顧客にきちんと提供できるよう、仕入れたカニを30トンの水槽に常時千~2千匹は蓄える。週末でほとんどなくなってしまうので、週末に向けて平日にカニを仕入れておかなければならない。

 「一度に2千~3千匹を買うこともあるので、仲買人には『度胸』が必要」

 天気予報をこまめにチェックすることも重要な仕事。数日後に時化がきて不漁になりそうなときはあらかじめ多く買っておかなければならないためだ。また、旅館などの客先の場合、宿泊人数を把握しておかなければなない。いかに過不足なく良いカニを仕入れることができるか、という点でも仲買人の力量が問われる。

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

10日先の天気を見て仕入れ

中瀬康雄

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)