トップページ越前がに 職人紹介 > 中野良一

長年の経験と技術でカニの居場所探る

001

中野良一

漁師

 「どれくらい取れるのかは運試し。解禁日は楽しみでもあり苦労でもある」。そう語るのは漁師になって30年の中野良一さん。消費者だけでなく漁師にとっても待ちに待った解禁日。どれくらいカニを獲れるかも大事だが、それ以上に「無事に航海を済ませたい」という思いが強い。初日で事故が起こらないよう解禁に向け船の手入れを怠らない。「船や業務のトラブルも、乗組員のけがもなく、みんなと行ってみんなで帰ってこれればある程度の漁ができる」

 越前がにの解禁は11月6日。前日の午後10時ごろ一斉に出漁し、夕方の市に合わせて戻ってくる。漁場は沖合約20マイル(30キロ)ほどの海域で、約2時間で着く。「雌のセイコとるか、雄のズワイをとるかで、網を入れる場所は変わってくる。セイコなら浅いところ、ズワイなら少し深いところを狙う」という。カニを獲る底引き網漁は、1行程約2時間半ほどで、網を入れた後、1時間半引っ張り、1時間で引き上げる。基本的には追い風になる方向に網を引き、風がなかったら潮の流れに沿う。

 解禁日は多くの漁師がセイコガニを狙う。セイコガニは集団で生活しており、一度の網入れで大量の捕獲が期待できるからだ。獲れる場所は毎年だいたい決まっており、各漁船もそのポイントに集中する。「セイコガニは水深が10m違うと一匹もいない。朝までにたくさんカニを獲れる船もあれば、そうでない船もある」。その日のうちに帰港した方がカニの値段も高くなるが、あまり獲れなければ沖で停泊することもあるという。

 「カニと一緒に網に入った魚の種類で、きょうは浅いところにいるな、深いとこにいるな、というのも分かる」と言うが、30年のキャリアを持ってしてもカニの獲れるところを探すのは難しい。レーダーを駆使しカニが生息しているであろう水深を把握しても、カニは泥の中にいるため、網を入れてみないと分からない。「毎回が手探り」だ。「カニ漁は根気のいる作業。『ここで獲れた』と聞くとすぐにそこに行ってしまう漁師もいるが、自分は網のおもりなど仕掛けを変えたり、ポイントを少しずらしたりしてカニを探す」と長年積み重ねてきた経験と技術でカニの居場所を探し当てる。

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)