トップページニュース > 日本海の主役越前ガニ解禁 クラゲ「影響なし」水揚げ平年並み

日本海の主役越前ガニ解禁 クラゲ「影響なし」水揚げ平年並み

2005年11月07日

解禁

解禁になり、次々と水揚げされる越前ガニ=6日午後5時ごろ、三国町の三国港  日本海の冬の味覚越前ガニ(ズワイガニ)漁が六日解禁された。三国、越前両漁港を中心に福井県内から八十一隻が出漁し、初競りが行われた。荒天の影響で水揚げ量はばらつきが出たが、雄の高いものは一匹三万円の値をつけた。

 三国漁港からは底引き網漁船十三隻が出て、若狭湾沖などで操業した。午前九時ごろからしけが激しくなったため、正午過ぎから次々に帰港し、夕方五時までに全隻が戻った。

 投網回数は減ったものの水揚げ量は平年並みだったという。

 初競りは午後六時から行われ、新鮮なカニが次々に競り落とされた。県漁連三国支所によると、雄が一万―三万円、雌が八百―三千円の値が付いた。「去年は特大のズワイが四万三千円の高値をつけたが、今年はだいたい平年並み」としている。

 ある船主は「しけが激しく引き揚げざるを得なかったが、ひと網にかかるカニの量は例年通りでほっとした」と話した。被害が心配された大型クラゲについても「改良網の効果もあり、影響はなかった」(県港機船底曳網漁連)という。

 一方、越前町からは小型底引き網船四十八隻、沖合底引き網船七隻の計五十五隻が出港。小型四十八隻が帰港した。水揚げ量は雄が約一万二千匹とやや少なめ、雌は約十一万五千匹で昨年を大きく上回った。雄は二万五千―三万円、雌は三百―千九百円の値がついた。

 ズワイガニ漁は雌が一月十日まで、雄が来年三月二十日まで。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かにまんじゅう

越前かにまんじゅう

10人分

越前がにのうま味をぎゅっと詰め込んだ一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)