トップページニュース > 日本海冬の味覚、越前がに漁解禁 ズワイガニ、セイコガニ例年並み【動画ニュース】

日本海冬の味覚、越前がに漁解禁 ズワイガニ、セイコガニ例年並み【動画ニュース】

2010年11月07日

解禁

解禁日を迎え、漁船から水揚げされる越前がに=6日午後4時55分ごろ、坂井市の三国漁港

 日本海の冬の味覚、越前がに漁が6日解禁された。福井県内では坂井市三国町や越前町などから漁船が出漁、各漁港では漁船から続々と新鮮なカニが水揚げされ、競り場はカニシーズン到来に活気づいていた。

 三国漁港からは5日夜、三国港機船底曳網漁協所属の底引き網漁船13隻が出港、6日は12隻が帰港した。複数の船長は初日の漁としては「ズワイガニ(雄)、セイコガニ(雌)とも例年並み」と話し、ある船長は「波が穏やかで仕事がしやすかった。大型クラゲの影響もなかった」と笑顔を見せていた。

 初競りは午後6時ごろから始まり、競り人らの威勢のいい声が飛び交った。県漁連三国支所によると、雄は4千~3万3千円、雌は400~3千円の値を付け、昨年よりやや安めという。

 越前町からは小型46隻、大型6隻の合わせて52隻が出漁。うち小型34隻が日帰りした。同町漁協によると、水揚げ量はズワイが5500匹、セイコは8万2千匹。ズワイは1隻当たりの水揚げの平均が、昨年に比べほぼ2倍だったという。大樟漁港での初競りでは、ズワイが3500~2万5千円と昨年より安め。セイコは650~1600円とほぼ昨年並みの値が付いた。

 越前がに漁は雌が1月10日まで、雄は3月20日まで続く。

 



»ほかの動画を見る


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき

越前かにニュース (月別アーカイブ)