トップページニュース > 越前がに漁6日解禁ズワイガニ少なめ セイコガニは半減、県水試

越前がに漁6日解禁ズワイガニ少なめ セイコガニは半減、県水試

2010年11月05日

解禁

昨年の解禁日の越前がに漁=2009年11月6日、越前町高佐沖合 日本海の冬の味覚を代表する越前がに漁は6日、解禁される。福井県によると、本県沖の漁獲対象となるカニの推定資源量は、雄のズワイガニが2009年度に比べやや少なめで、雌のセイコガニは約半分。今シーズン、セイコの漁獲量は少なめとみられている。

 漁は、解禁日前日の5日夜10時ごろまでに坂井市三国町や越前町などから、沖合底引き網船と小型底引き網船合わせて80隻が出港。6日午前0時から一斉に網入れを開始し、一部を除いて同日夕方に帰港する。越前町漁協では同日午後5時から、県漁連三国支所では同6時から初競りが予定されている。

 本県の越前がにの漁期はズワイが3月20日まで、セイコが1月10日までで、脱皮半年以内の雄である水ガニは1月11日から3月20日まで。

 県水産試験場が6月に実施した調査によると、本県沖の推定資源量は、雄が09年度を約1割下回る1307トン、セイコは約半分の375トン。セイコの資源量について県水産課では「ここ7年、200~1200トン台で変動しており、自然な推移の範囲内」と分析。漁獲対象となる生後10年前後の個体数は2~3年後にピークがくると予想している。

 漁獲量は09年度、ズワイが235トン、セイコが123トン、水ガニが150トンで合計508トン。前年度比12%増となった。本年度について、操業日数が09年度並みとした場合、ズワイは「09年度並みかやや下回る」、セイコは「09年度より少ない可能性がある」と予想している。同年度悩まされた大型クラゲの漂着数は少なく、漁への影響はないとみている。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「かにまつり」のPRに奔走

池野政義

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき

越前かにニュース (月別アーカイブ)