トップページニュース > 冬限定セイコガニ載せた創作そば 和食ふくい色・九頭龍蕎麦

冬限定セイコガニ載せた創作そば 和食ふくい色・九頭龍蕎麦

2014年09月21日

身出ししたセイコガニを載せた冬限定の卵とじそば。そばの器は越前焼、奥の酒器は越前漆器=東京・神楽坂の「九頭龍蕎麦」 老舗料亭や甘味処(どころ)、おしゃれな喫茶店が軒を連ね、石畳の通りが風情を醸す東京・神楽坂。近くには小浜藩邸跡がある福井県ゆかりの地に「九頭龍蕎麦(そば)」はある。おろしそばをはじめとする福井の郷土料理と地酒が味わえるとあって、多くの福井県出身者に愛されている。

 「懐かしくてほっとする味で、明日への英気を養ってもらいたいですね。派手さはないけれど、もう一度食べたくなる味を心掛けています」と原崎衛さん(46)。

 福井県勝山市出身。県内の調理師専門学校を卒業して東京のドイツ料理のレストランで腕を磨き、40歳で勝負に出た。大野のそば店での修業を経て、2010年に開業。13年には近くに2号店をオープンした。

 「日本人って、40歳を過ぎると体が野菜や魚を求めるというか、和食に回帰するんですよね。季節感のある食材が和食の根幹。それは幼いころから慣れ親しんだ古里の料理だと気付いたんです」

 奥越産そば粉を使って自ら打った自慢のおろしそば、奥越産のコメを炊いたご飯、上庄さといもの煮っ転がし、昇竜まいたけの天ぷら…。とことん古里の味にこだわる。竹田の油揚げやソースカツ丼も人気だ。越前がに、若狭がれい、ヒラメ、スズキ、マトダイ、サザエ…。魚介類の多くも福井から取り寄せる。セイコガニを載せた創作そばや塩うに、へしこなどの珍味もある。

 「こうした料理は福井の地酒と間違いなくマッチします。(ソバや野菜などの)食材を育んだのと同じ福井の水を使った酒ですから。店内に常に40種類は取りそろえています」

 料理を盛る皿や鉢、酒器には意識して越前焼や越前漆器を使っている。

 「福井のおかげで商売をさせてもらっているので、少しでも産地の役に立てれば、と。越前和紙を壁一面に貼った個室や、和紙を貼ってコーティングしたテーブル、漆塗りのパネルを組み合わせた壁など、古里福井をイメージした空間演出にもこだわっています。福井県生まれの従業員がいないので、(イメージを共有できるように)研修で福井を訪れ、海や山、川、田園風景を目に焼き付けてもらっています」


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)