トップページニュース > 越前がにを愛した開高健氏追悼 越前町でファンら「水仙忌」

越前がにを愛した開高健氏追悼 越前町でファンら「水仙忌」

2013年12月08日

開高健

水仙を献花し、開高氏の箴言を読み上げる参加者=7日、福井県越前町梅浦の旅館「こばせ」 祖父母と父親が福井県坂井市出身の作家、故開高健氏を追悼する「水仙忌」が7日、越前町梅浦の旅館「こばせ」で開かれた。これまでは「偲(しの)ぶ会」として開いていたが、開高氏が水仙の美しさを随筆に書いていることなどからことしは「水仙忌」とした。ファンら約30人が人柄や作品に触れ、食に、酒に、釣りにと人生を謳歌(おうか)した故人をしのんだ。(久慈かおり)

偲ぶ会は12月9日の命日に合わせて、「開高健記念会福井」が11年から開いている。同会福井は2009年に発足。紅茶会やゆかりの地巡りなどを通して顕彰している。開高氏は越前がにが好きで、生前何度も「こばせ」に足を運んだという。

この日は同会福井の会長でこばせの長谷政志さん(81)が「先生が残した“宝”であるたくさんの言葉を大切にし、今後も活動を続けましょう」とあいさつ。参加者が開高氏の肖像画の前に水仙を献花し、「釣りの話をするときは両手を縛っておけ」「悠々として急げ」など、開高氏が残した「箴言(しんげん)」を朗読した。

開高健記念会(東京)の永山義高会長が「多面体の輝き 作家・開高健の疾走」と題して講演。純文学、ノンフィクション、釣りルポなど多彩なジャンルの作品を手掛け、1964~65年にベトナム戦争の取材をした際には、死を覚悟して遺影を撮影したことなどを紹介した。

最後に、参加者全員で開高氏が好んで食べたというこばせ名物、たっぷりのセイコガニをまぶした「開高丼」に舌鼓を打った。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)