トップページニュース > 【続報】越前がに漁待望の解禁 三国漁港でも次々水揚げ

【続報】越前がに漁待望の解禁 三国漁港でも次々水揚げ

2014年11月07日

解禁

帰港した漁船から次々と水揚げされる越前がに=6日午後5時40分ごろ、福井県坂井市の三国漁港 日本海の冬の味覚、越前がに漁が6日、解禁された。福井県内では坂井市三国町や越前町などから漁船が出漁。漁港には新鮮なカニが次々と水揚げされ、シーズン到来に活気づいた。

 三国漁港からは5日午後9時ごろ、三国港機船底曳網(そこびきあみ)漁協所属の漁船11隻が出港。6隻が6日午前中から帰港し、乗組員らがタグ付けなどに追われた。「第二春香丸(しゅんかまる)」の板本学保(たかやす)船長(44)は「セイコは例年より少し小さいが量は多い。ズワイは少なめ。次に期待したい」と話していた。

 初競りは午後6時ごろから始まり、競り人らの威勢のいい声が飛び交った。県漁連三国支所によると、競り値はズワイは5千~3万9千円、セイコは200~3500円。帰港船が約半数にとどまったため水揚げ量も少なく、ともに昨年より高値となった。

 越前町からは44隻が出港し、昼すぎをピークに37隻が続々帰港。同町大樟の越前漁港で午後5時から初競りが行われた。  同町漁協によると、競り値はズワイが1~3万円、セイコは500円~2千円が中心で、ともに昨年よりやや安値。水揚げ量はズワイが約3千匹、セイコは約12万匹でいずれも例年並みだった。

 越前がに漁はセイコが12月31日まで、ズワイは3月20日まで続く。

※越前かに、越前ガニ、越前カニなどの呼称もありますが、福井県は統一ブランド名として「越前がに」としています。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)