トップページニュース > 【続報】越前がに漁待望の解禁 三国漁港でも次々水揚げ

【続報】越前がに漁待望の解禁 三国漁港でも次々水揚げ

2014年11月07日

解禁

帰港した漁船から次々と水揚げされる越前がに=6日午後5時40分ごろ、福井県坂井市の三国漁港 日本海の冬の味覚、越前がに漁が6日、解禁された。福井県内では坂井市三国町や越前町などから漁船が出漁。漁港には新鮮なカニが次々と水揚げされ、シーズン到来に活気づいた。

 三国漁港からは5日午後9時ごろ、三国港機船底曳網(そこびきあみ)漁協所属の漁船11隻が出港。6隻が6日午前中から帰港し、乗組員らがタグ付けなどに追われた。「第二春香丸(しゅんかまる)」の板本学保(たかやす)船長(44)は「セイコは例年より少し小さいが量は多い。ズワイは少なめ。次に期待したい」と話していた。

 初競りは午後6時ごろから始まり、競り人らの威勢のいい声が飛び交った。県漁連三国支所によると、競り値はズワイは5千~3万9千円、セイコは200~3500円。帰港船が約半数にとどまったため水揚げ量も少なく、ともに昨年より高値となった。

 越前町からは44隻が出港し、昼すぎをピークに37隻が続々帰港。同町大樟の越前漁港で午後5時から初競りが行われた。  同町漁協によると、競り値はズワイが1~3万円、セイコは500円~2千円が中心で、ともに昨年よりやや安値。水揚げ量はズワイが約3千匹、セイコは約12万匹でいずれも例年並みだった。

 越前がに漁はセイコが12月31日まで、ズワイは3月20日まで続く。

※越前かに、越前ガニ、越前カニなどの呼称もありますが、福井県は統一ブランド名として「越前がに」としています。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)