トップページニュース > 越前がに14年シーズン漁獲量 22年ぶり400トン割る 対象数、出漁日少なく

越前がに14年シーズン漁獲量 22年ぶり400トン割る 対象数、出漁日少なく

2015年05月12日

ズワイ、セイコの漁解禁日に、坂井市の三国漁港に水揚げされた越前がに=2014年11月6日

 越前がにの2014年シーズン漁獲量が、このほどまとまり、ズワイガニ、セイコガニ、ズボガニ(水ガニ)を合わせた漁獲量は396・4トンで、1992年シーズン以来22年ぶりに400トンを割った。漁獲対象数や出漁日数の少なさが影響し、前期比でも14%減となった。漁獲金額は17億8479万円で、同4%減ながら漁獲量の減少に伴い、単価が上がったことなどから過去50年で3番目の高さとなった。
 
 福井県底曳網漁業協会が漁獲実績をまとめた。ズワイの漁獲量は前期比21%減の209・7トン、ズボは同15%減の65・2トン。セイコは同2%微増し、121・4トンだった。
 
 同協会によると、2014年シーズンは本県沖のカニの成長の“谷間”に当たり、漁獲できる対象の絶対数が例年より少なかった。加えて12、1月に悪天候が続いたことなどから、出漁日数は前期比30日減となった。石川県側の要請に伴って前期に21日間短くなったズボの漁期が、さらに8日間短縮したことも影響した。
 
 一方、漁獲金額は過去50年で最高を記録した前期(18億6624万円)より8千万円余り減ったものの高水準で推移。漁獲量が少なく品薄感が高まったほか、ズワイが例年より大型のものが多く、全体で1キロ当たりの平均単価は前期比11%アップの4502円となった。
 
 種別ではズワイが6588円(同23%増)、ズボが1262円(同3%増)、セイコが2640円(同12%減)だった。
 
 2014シーズンの越前がに漁は、ズワイが11月6日〜ことし3月20日、セイコは11月6日〜12月31日、ズボはことし2月1日〜3月12日を漁期に行われた。

 


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

べにや

べにや

数寄屋造りの歴史が香る温泉宿。美しい庭を眺めながら「源泉掛け流し」の露天風呂と、贅沢な越前がにの懐石料理をご堪能ください。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)