トップページ越前がに 職人紹介 > 中瀬康雄

10日先の天気を見て仕入れ

005

中瀬康雄

目利き、ゆで

 カニの仕入れを任されるようになって13年ほど。現在では5年前から「かねいち水産」のすべてのカニの仕入れを担当している。

 カニは、仰向けにして見たとき、お腹や足があめ色であることと、甲羅の中心を押して、硬いほど身が詰まった良いカニです。白っぽいカニや黒っぽいものは、品質が良くないと思います。

 仕入れる量は日によって異なりますが、10日ほど先までの天気を把握してその日に買う量を決める。カニが足りなくなり、顧客に迷惑をかけるのを避けるため、常にある程度の数を確保しなければならないからだ。

 年末年始の数日間は休漁で、カニを買うことができないため、カニの価格が高騰する。特に12月末の仕入れは一番難しく「気が張る」という。

「カニは100匹いたらそれぞれが違う。良いと思ったカニでも顧客からクレームを受けることもある。一生勉強です」

ゆっくりコトコトゆでるのがコツ

 1.5キロ以上のカニのゆで時間は約30分、1~1.3キロは25~27分くらい。400グラムほどの小さなカニは20分ほど。カニの大きさによって最適なゆで時間がある。1メートル四方、高さ約70センチの釜でゆでる。気をつけなければならないのは、ゆでる水の塩加減。「少しくどめで海水ぐらいのしょっぱさ」が求められるという。

 曖昧な表現だが、水の量に対してどれだけの塩を入れるかは決められている。さらに「水を沸騰させないようにボイルする」のがポイント。カニの身をくずさないようにゆっくりコトコト“じわっと”ゆでる。

 「食べ物なら何でもそう。スパゲティでもゆですぎたらダメ」

 カニをゆで始めてから15年。1日に1000匹をゆでることもある。その経験に基づいた絶妙な“アルデンテ”を体で覚えている。しかし、目利きと一緒で「毎日が発見の連続。完璧はないですね」と語る。

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

やなぎ町

やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「かにまつり」のPRに奔走

池野政義

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)