トップページニュース > 越前がになど古里の産業を英語で学習 県教委が教材配布

越前がになど古里の産業を英語で学習 県教委が教材配布

2013年04月05日

研究

県内の産業や文化に理解を深め、英語力が養える県教委作成のオリジナル教材=4日、福井市の県教育研究所 福井県内の産業や文化を学び英語力を高めてもらおうと、県教委は高校生向けのオリジナル教材を作成し4日、教員対象の説明会を福井市の県教育研究所で開いた。越前がにや眼鏡などがDVD映像とテキストで取り上げられている。教材は県立高の新1年生全員の約5800人に配布する。

実践的なコミュニケーション力などを重視した新学習指導要領が、4月から完全実施されるのに合わせて作成した。身近な産業を知ってもらい、古里の良さを将来的に発信してもらうことも視野に入れている。

県内の高校教諭6人でつくる作成委員会などが1年かけ、内容を練ってきた。2010年度から3年間、県内教員に英語のディベート方法などを指導した立教大の松本茂教授が監修した。県教委によると、地場産業を英語で紹介する教材は全国でも珍しいという。

タイトルは「Fuku―English」。シンガポールの添乗員を、福井市の旅行代理店の女性社員が案内するという構成。越前がにや越前そば、眼鏡、東尋坊、恐竜などが登場する。DVDを見て、テキストで確認して学ぶ。

テキストの越前がにのページでは、三国漁港での水揚げの様子や、ゆでガニ、カニ刺しなどの料理、ブランドを示す黄色いタグなどを写真を交えて英語で紹介している。「boil」などキーワードの説明では、英語で「熱いお湯でゆでること」などと記載している。内容の理解度をみるため、英文の質問もある。

鯖江市が国内最大の眼鏡産地であることや、若狭塗の綿密な手仕事の様子も取り上げた。

DVDでは、県内外の企業で働く本県出身者が福井の良さを英語で語るコーナーが収録されている。テキストはB5判80ページでDVDは88分。

この日の説明会には、英語科主任ら約30人が参加。作成委員を務めた武生高の木下弥教諭と丸岡高の田嶋由美教諭が活用法を説明し、「外国語指導助手と一緒に授業するのもいい」「ディベートの題材にも使える」などと呼び掛けた。参加した教員は「身近な話題が映像で取り上げられ、分かりやすい」「生徒のレベルに応じて使っていきたい」などと話していた。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)