トップページニュース > 雪のように真っ白なズワイガニ現る 越前がにミュージアム

雪のように真っ白なズワイガニ現る 越前がにミュージアム

2012年12月11日

越前がにミュージアム

越前町の沖合で捕れた白いズワイガニ=越前町厨の越前がにミュージアム 

福井県越前町の沖合で、甲羅から足まで全体が真っ白の越前がにが水揚げされ、同町厨の越前がにミュージアムに展示されている。体長約80センチのズワイで、普通のズワイと水槽内でじゃれ合う姿が見られ、「紅白でめでたい」と来館者らの話題になっている。

11月19日に同町越前岬沖、水深約280メートルでカニ漁をしていた同町梅浦の漁師宮地敏也さん(53)の網にかかり、ミュージアムに持ち込んだ。宮地さんは「一部が白いカニはたまに捕れるが、ここまで真っ白なものは18歳から漁師をしていて初めて。びっくりした」と振り返る。

同館の納谷一也副館長は、つめが大きく丸々としていることから、年齢は雄が年に1回、一生で12回する脱皮を全て終えた13歳以上と推測する。重さは約1キロあり、堂々とした“体格”だ。

先天的な遺伝子疾患で色素がない「アルビノ」とみられる。白くて目立つため外敵に狙われやすく、ここまで大きくなるのは珍しいという。

体全体がほんのりと光を放っているようにも見える。片方のつめが折れているため餌が食べにくいようだが、体に乗ってきたほかのカニをよけたり、斜めになって移動したり元気に水槽内を動いている。

夏と冬に交尾するため、同館は「白いカニが生まれるかも」と雌のいる水槽への移動を検討している。カニの寿命は15~18年といわれる。宮地さんは「長生きして、たくさんの人に見てもらいたい」と話していた。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。

越前かにニュース (月別アーカイブ)