トップページニュース2015年1月 > 中国の雑誌、秋に越前がに特集号 

中国の雑誌、秋に越前がに特集号 

2015年01月31日

観光

越前焼の作品を見比べるシュー社長(右)ら=29日、福井県越前町小曽原の「越前焼の館」 世界の食やライフスタイルを紹介する中国の雑誌の取材班が29日、福井県越前町小曽原の越前焼工業協同組合の直売所などを訪れた。秋に発行するカニ特集号で越前がにとともに取り上げ、福井の文化を中国で発信する。

訪れたのは「悦食(えつしょく)」という雑誌を発行する北京市内の出版社のシュー・チャオ社長ら3人。同誌は隔月刊で発行部数は約46万部ある。各国の食べ物や食器、暮らしなどを紹介している。昨年9月の京都などの特集号では、鯖街道にまつわる県内の商品や漁師らを取り上げたこともある。

カニ特集では、オーストラリアや米アラスカ州などとともに福井県を取材地に選んだ。26日から訪れ、県内の旅館や東尋坊なども取材している。県上海事務所の職員が随行している。

直売所「越前焼の館」での取材では、同組合の大瀧和憲営業課長から特徴を聞いた。並んでいる商品もじっくりと見比べ、皿やとっくりを購入、写真も撮った。

鯖江市うるしの里会館も訪れ、越前漆器も取材した同社長は「中国では手作りのものが少ない。越前焼も越前漆器もアジアの食べ物がよく合いそう」と話していた。30日まで県内各地を回り、31日に帰国する。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき

越前かにニュース (月別アーカイブ)