トップページニュース2017年1月 > 水仙、カニ汁に笑顔満開 南越前・河野「まつり」開幕

水仙、カニ汁に笑顔満開 南越前・河野「まつり」開幕

2016年12月18日

イベント

 福井県南越前町河野の河野シーサイドパークで17日、開幕した「第42回水仙まつり」。会場一帯を覆うように設置された大型テント内には、地元商店など22店舗のブースがずらり。水仙の甘い香りやカニ汁のおいしそうなにおいが漂う中、越前海岸の冬の幸を求める大勢の来場者で熱気に包まれた。

同会場で18日まで開かれている「荒波フェスタ」では、水仙娘が水仙を無料で配った。大阪市から家族3人で訪れた小島あけみさん(50)は水仙を受け取り、「玄関に飾って香りを楽しみたい。海鮮をたくさん食べて帰ります」と話していた。18日にも午前と午後の2回に分け、水仙計400束を配る。
 テント内の各ブースには、越前がにやイカ焼き、干物といった海産物などが並んだ。セイコガニが丸々1匹入ったカニ汁のブースには、もくもくと立ち上る白い湯気に引かれて来場者が列を作り、午後には売り切れる人気ぶりだった。
 大野市から訪れた桑原圭さん(37)と妻の愛美(あいみ)さん(31)、息子の奏士(かなと)ちゃん(2)の家族3人は、カニ汁やおろしそばなどを味わい満足そう。「夜ごはん用に越前がにを買って帰りたい」と笑顔で話していた。
 まつり期間中は、南越前、越前両町、福井市で、水仙や海の幸を満喫できるツアーや物販、展示会など多彩なイベントが繰り広げられる。
 越前町厨(くりや)の道の駅「越前」駐車場では1月14、15日に物販ブースが並ぶ「水仙・カニフェア」があり、福井市の福井新聞社本社では1月20~23日に「水仙いけ花展」が開かれる。
 南越前、越前両町の味覚や水仙を満喫できる有料バスツアーも20日~1月9日に5回運行する。23日以降の4回はまだ空きがある。参加希望者は越前町観光連盟に申し込む。問い合わせは、南越前町河野観光協会=電話0778(48)2240、越前町観光連盟=電話0778(37)1234。
 

関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)