トップページニュース2017年1月 > 水仙、海の幸堪能を 南越前と越前町 17日まつり開幕 無料配布やカニ鍋 例年より1カ月早く

水仙、海の幸堪能を 南越前と越前町 17日まつり開幕 無料配布やカニ鍋 例年より1カ月早く

2016年12月15日

イベント

  冬の越前海岸を華やかに彩る「第42回水仙まつり」(越前海岸観光協会連合会、福井新聞社主催)が17日、福井県南越前町河野の河野シーサイドパークで開幕する。

 来年1月23日まで、同町と越前町の各会場で水仙配布や海産物販売、スタンプラリーなど多彩なイベントが繰り広げられる。

 水仙は温暖化により開花時期が早まっており、今年のまつりは例年より約1カ月早い開幕。花の見頃は12月下旬からとみられ、同連合会事務局は「水仙と趣向を凝らしたイベントを楽しんで」と来場を呼び掛けている。期間中の主なイベントは次の通り。

 ■荒波フェスタ
(17、18日 南越前町)
 南越前町の河野シーサイドパークで午前10時~午後4時。17日午前10時半から会場周辺でオープニングの餅まきがある。18日は午前10時半から200人に餅を配る。水仙娘による水仙の無料配布は、両日とも午前11時半と午後2時の2回で、それぞれ先着200人にプレゼントする。セイコガニ1匹が入ったカニ鍋は1杯300円で1日500杯販売。革細工のクラフトや紙すきなどができる体験コーナーを初めて設ける。

 ■水仙・カニフェア
(1月14、15日 越前町)
 越前町厨(くりや)の道の駅「越前」駐車場で午前10時~午後4時。越前水仙のプレゼントは午前10時半、午後1時、同3時半で、それぞれ先着200人に配る。越前がにや甘エビなどが当たるビンゴ大会は正午、午後3時から。買い物千円ごとにビンゴカードを1枚もらえる。越前水仙など特産品即売のほか、会場で購入した干物を自分で焼ける炭火焼コーナーもある。

 ■水仙いけ花展
(1月20~23日 福井市)
 福井新聞社本社のエントランスロビーに、県華道協会加盟10流派の水仙を題材にした作品が並ぶ。


 【問い合わせ】南越前町河野観光協会=電話0778(48)2240。越前町観光連盟=電話0778(37)1234。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

みくに隠居処

みくに隠居処

芸能人・有名人が多数来店!三国を代表する名店「みくに隠居処」が味・見た目・バリエーションにこだわった蟹ランチをご提供。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)