トップページニュース2017年1月 > 水仙、海の幸堪能を 南越前と越前町 17日まつり開幕 無料配布やカニ鍋 例年より1カ月早く

水仙、海の幸堪能を 南越前と越前町 17日まつり開幕 無料配布やカニ鍋 例年より1カ月早く

2016年12月15日

イベント

  冬の越前海岸を華やかに彩る「第42回水仙まつり」(越前海岸観光協会連合会、福井新聞社主催)が17日、福井県南越前町河野の河野シーサイドパークで開幕する。

 来年1月23日まで、同町と越前町の各会場で水仙配布や海産物販売、スタンプラリーなど多彩なイベントが繰り広げられる。

 水仙は温暖化により開花時期が早まっており、今年のまつりは例年より約1カ月早い開幕。花の見頃は12月下旬からとみられ、同連合会事務局は「水仙と趣向を凝らしたイベントを楽しんで」と来場を呼び掛けている。期間中の主なイベントは次の通り。

 ■荒波フェスタ
(17、18日 南越前町)
 南越前町の河野シーサイドパークで午前10時~午後4時。17日午前10時半から会場周辺でオープニングの餅まきがある。18日は午前10時半から200人に餅を配る。水仙娘による水仙の無料配布は、両日とも午前11時半と午後2時の2回で、それぞれ先着200人にプレゼントする。セイコガニ1匹が入ったカニ鍋は1杯300円で1日500杯販売。革細工のクラフトや紙すきなどができる体験コーナーを初めて設ける。

 ■水仙・カニフェア
(1月14、15日 越前町)
 越前町厨(くりや)の道の駅「越前」駐車場で午前10時~午後4時。越前水仙のプレゼントは午前10時半、午後1時、同3時半で、それぞれ先着200人に配る。越前がにや甘エビなどが当たるビンゴ大会は正午、午後3時から。買い物千円ごとにビンゴカードを1枚もらえる。越前水仙など特産品即売のほか、会場で購入した干物を自分で焼ける炭火焼コーナーもある。

 ■水仙いけ花展
(1月20~23日 福井市)
 福井新聞社本社のエントランスロビーに、県華道協会加盟10流派の水仙を題材にした作品が並ぶ。


 【問い合わせ】南越前町河野観光協会=電話0778(48)2240。越前町観光連盟=電話0778(37)1234。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

みくに隠居処

みくに隠居処

名物カニ料理「宝楽蒸し・蟹味噌しゃぶ・塩釜焼き」をはじめ、創作カニ料理を提供する越前がにの本場「三国」の名店。1日3組限定のお宿も併設!

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)