トップページニュース > 神戸市民笑顔の激励 越前ガニ安全キャンペーン

神戸市民笑顔の激励 越前ガニ安全キャンペーン

1997年01月31日

重油事故

 水仙と美しい海岸線、越前ガニ。越前海岸にとって冬は魅力たっぷり、観光客らでにぎわいを見せる季節のはずだった。しかしタンカー重油汚染事故による重油漂着で観光に大きなダメージを受けた。その海岸線を彩る花がある。寒風をものともせず水仙が清そな花を咲かせている。住民も今、事故に立ち向かい”復興の花”を咲かせようとしている。第二十二回水仙まつり(越前海岸観光協会連合会、福井新聞社主催)は二月十一日まで。

 「大成功だった」。福井県越前町漁協の山口英男組合長は満足げに話した。同町漁協は二十九日、神戸で「越前ガニ安全PRキャンペーン」を開き、カニなど冬の味覚千百人分を無料配布した。午前中に引換券を配っていたにもかかわらず、午後二時の開始前から長い行列ができていた。「越前ガニは安全です」「越前海岸に遊びに来てください」。必死に訴える組合員や漁協婦人部の人たちの声は自然と力が入った。

 一緒に配ったチラシにこんな一文がある。「風評被害は、漁民の死活問題にまでなっています」。セリ値が落ちているとはいえ、この日用意したカニやカレイを市場に出せば、漁民の収入になる。しかし、漁師たちは目先の自らの利益より越前町、さらに越前海岸全体のイメージアップを選んだ。山口組合長も「組合員からこの話が出てきたのはうれしかった」。無料配布のキャンペーンの開催は、同町漁協にとって初めてのこと。何を準備すればいいのか、どこに頼めばいいのか。分からないことだらけだったが、話が持ち上がってから五日間で開催にこぎ着けた。

 神戸の人は温かく迎えてくれた。「神戸も福井も被災地同士。私たちも頑張りますから、皆さんも頑張ってください」。市民の声があちらこちらで聞かれた。ある女性が「何かに役立てて」と五千円の入った封筒を置いていった。油のふき取り用に使ってと、ウエスの入った袋を持ってきてくれた人もいた。カニを受け取った市民の笑顔が、組合員たちは本当にうれしかった。

 一夜明けた三十日、漁協などに「おいしかった」とお礼の電話がたくさんかかってきた。実際に食べてもらい、重油の影響はないことを知ってもらおうという目的は果たした。「今度のセリは期待している。値は必ず戻る」。山口組合長は力強く話した。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

荒磯亭

荒磯亭

日本海の絶景を独り占めする露天風呂。越前がにのうま味を最大限に引き出したオリジナル料理の数々を楽しめます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)