トップページニュース2019年3月 > 水仙香る3市町でまつり 15日開幕、福井・越廼で 花配布、かに鍋企画多彩に

水仙香る3市町でまつり 15日開幕、福井・越廼で 花配布、かに鍋企画多彩に

2018年12月12日

イベント

昨年の水仙まつりの様子  第44回水仙まつり(越前海岸観光協会連合会、福井新聞社主催)は12月15日、福井市越廼地区の「こしの水仙まつり」で開幕する。2019年1月21日までの期間中、同市越廼地区、南越前町、越前町の3市町で水仙配布会やスタンプラリー、海産物販売など多彩なイベントが繰り広げられる。

 期間中は3市町の各会場で順次、まつりのメインとなる2日間のイベントを開催。越前水仙の配布会のほか、さまざまな催しを実施する。15、16日の「こしの水仙まつり」は、福井市居倉町の越前水仙の里公園が会場。恒例の餅まきや海産物が当たる抽選会などが行われ、越前がにの販売もある。

 1月12、13日には南越前町河野の河野シーサイドパークで「荒波フェスタ」を開催。へしこなどの特産品や、セイコガニが丸々1匹入った数量限定のかに鍋などを販売する。「水仙・カニフェア」は同19、20の両日、越前町厨の道の駅「越前」で開かれる。カニの甲羅を器にした生け花の体験ワークショップや、購入した干物をその場で焼いて食べられる炭火焼きコーナーなどがある。

 水仙の開花状況は、1月開催の南越前町、越前町では4~5分咲き程度。今度の土日にこしの水仙まつりが開かれる越廼地区ではちょうど見頃を迎えており、同まつりで配布・販売する水仙の収穫作業が続いている。

 

【2018年12月】

▽15、16日 こしの水仙まつり(午前9時半~午後4時)=福井市居倉町の越前水仙の里公園

▽15~27日 水仙と越前花器の甘いささやき展(午前9時~午後5時)=越前町小曽原の越前陶芸村文化交流会館

【2019年1月】

▽12日 越前岬灯台一般開放(午前10時~午後3時)=越前町血ケ平の越前岬水仙ランド
▽12、13日 荒波フェスタ(午前10時~午後4時)=南越前町河野の河野シーサイドパーク
▽12、13日 中村家特別公開(午前9時~午後4時)=南越前町河野の北前船主の館・右近家
▽12~21日 いけばなインスタレーション「ここにしかない景色」(午前9時~午後5時)=越前岬水仙ランド
▽18~21日 水仙いけ花展(午前10時~午後4時)=福井新聞社・風の森ゾーン


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前かに玉

越前かに玉

4人分

カニのうま味が凝縮

越前かにニュース (月別アーカイブ)