トップページニュース2019年3月 > 越前がに漁獲額20億円 18年度まとめ、2年ぶり大台

越前がに漁獲額20億円 18年度まとめ、2年ぶり大台

2019年04月09日

 3月20日で2018年度の漁期が終わっ越前がにについて、福井県は漁獲実績をまとめた。漁獲金額は過去2番目の20億2900万円(前年度比3%増)。漁獲量は404トン(同3%増)で、国から割り当てられた漁獲可能量の消化率は84・2%だった。

 20億円を超えるのは2年ぶり3回目。県水産課は、18年9月に国の「地理的表示(GI)保護制度」の対象に登録されたことや、15年度に登場した雄のズワイガニの最高級ランク「極(きわみ)」により、ブランド力が高まった効果とみている。1キロ当たりの単価は前年度とほぼ同じ。

 極の漁獲数は87匹と、191匹だった前年度の半数以下になった。GI登録もあり、品質やブランド力を守ろうと市場関係者の目利きが一段と厳しくなった。ズワイ全体に占める割合は0・03%だった。

 操業延べ日数は、しけの日が少なかったことから前年度より10%増えた。山陰地方でも操業日数の増加で豊漁となり、鳥取県は18年12月末までに、漁獲可能量の9割以上を消化。各漁船の漁獲量を規制しての操業が続いた。福井県では、可能量を超えるほどの漁獲ペースにはならなかったが、消化率は例年よりやや高かった。

 ズワイの漁獲量は前年度比7%増の215トン、金額は5%増の15億7100万円。ミズガニの漁獲量は21%減の54トン、金額は2%減の9400万円だった。雌のセイコガニの漁獲量は11%増の134トン、金額は2%減の3億6300万円。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品

越前かにニュース (月別アーカイブ)