トップページニュース2014年1月 > 越前がに、東京・銀座で人気 アンテナショップが好調

越前がに、東京・銀座で人気 アンテナショップが好調

2014年01月06日

商品

売り上げが好調な「食の國福井館」=昨年4月、東京・銀座1丁目  昨年4月に東京・銀座にオープンした福井県のアンテナショップ「食の國福井館」が好調だ。オープンから昨年11月までの8カ月間の総売上高は約5800万円。冬場に入り、越前がになど本県を代表する季節の味覚などが人気で、県は初年度の目標1億円の達成に期待している。

食の國福井館は、福井の食の発信を目的に「ふくい南青山291」に続く都内2店目としてオープン。延べ床面積99平方メートルで、鯖(さば)のへしこ、福井梅の梅干し、昇竜まいたけなど旬の食材を専門に扱っている。

昨秋からは週2回、県内の鮮魚店や農家とインターネット回線のテレビ電話で結び、対面販売するサービスを始めた。通常は店頭で扱えない海産物の販売もできるようになり、売り上げアップにつながっている。

冬に入ってからは越前がにのほか、水ようかん、里芋などの売れ行きがよく、昨年12月の1日平均の売上高は25~30万円で推移。4~11月より5万円程度アップしたという。

昨年11月末現在の来店客数は合計約5万8千人。金額でみた売れ筋ランキングは、あげ、焼き鯖寿司(ずし)、おろしそばの順だった。

県産業政策課は「天候に左右される部分はあるが、冬場の売り上げの伸びで年度目標は達成できるだろう」としている。県はテレビ電話の対面販売を行う県内企業も随時募集している。

一方、ふくい南青山291の昨年11月末現在の売上高は約9500万円で、前年度比100・6%だった。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)