トップページニュース蟹と水仙の文学コンクール > 「蟹の文学コンクール」締め切り迫る 越前町、詩と俳句募集

「蟹の文学コンクール」締め切り迫る 越前町、詩と俳句募集

2000年09月08日

蟹と水仙の文学コンクール

 カニをテーマに福井県越前町が今年初めて企画した「蟹(かに)の文学コンクール」(福井新聞社共催)の応募締め切りが二十日に迫り全国各地から続々と応募作品が寄せられている。町が俳句の部で目標としている千通まで目前だが県内応募がやや少なく事務局では「気軽な気持ちで投稿を」と呼び掛けている。

 町の集計によると五日までに詩の部門で百五十九通、俳句の部門で八百二十六通が集まり、俳句のうち十三通はブラジルから寄せられた。また詩では県内分が三十通、俳句が二百五十四通と県外分と比べるとやや少なめ。

 題材に扱ったカニも多彩で越前ガニがほとんどだが中にはユニークなカニも。沢ガニのほかザリガニの投稿もあったという。

 内容については地元越前町の応募者は「解禁」「時化(しけ)」など漁に関する記述が多く、北海道からの応募者のほとんどが地元のタラバガニ、毛ガニを取り上げ地域性も感じられるという。

 また部門、世代を問わず食をテーマにしたものが過半数を占めた。特にカニは高価というイメージがあるためか「食べたい」などの希望的なものが多く、福井を離れた県人はカニと故郷を結びつけ郷土の味覚として感じていることをうかがわせた。

 事務局では「難しいと考えず標語感覚で日本語の面白さ、文字遊びとして気軽に応募して」と呼び掛け、越前ガニの地元として多数の県内応募に期待を寄せている。

 詩、俳句とも小、中、高校生、一般でそれぞれ大賞、奨励賞、佳作を設け賞金は最高二十万円。

 応募先は郵便番号916―0311、越前町梅浦六〇ノ二ノ一、越前町中央公民館「蟹の文学コンクール」またはEメール=kani―con@violin.ocn.ne.jp=まで。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)