トップページニュース > 蟹と水仙の文学コンクール 詩、俳句「おくりもの」テーマに 11月末まで募集

蟹と水仙の文学コンクール 詩、俳句「おくりもの」テーマに 11月末まで募集

2017年08月19日

その他

 福井県越前町は越前がにや越前水仙を題材にした「越前 蟹と水仙の文学コンクール」(福井新聞社共催)の作品を募集している。11月30日消印有効。

 文学を通して同町特産物の魅力を広めようと、毎年開いている。例年9月末までの募集だったが、越前がに、越前水仙がともに冬の風物詩であるため、今年から募集期間を大幅に延長した。今回のテーマは「おくりもの」。詩と俳句の2部門で作品を募る。

 両部門とも小学生、中学生、高校生、一般がある。詩はA4判400字詰め原稿用紙3枚以内で、1人1点まで。メールに添付するか、郵送。俳句はコンクールチラシ裏の専用はがきか官製はがき、またはメールで1人2句まで。学校でまとめて応募もできる。

 審査は、詩部門では現代詩作家の荒川洋治さんら4人、俳句部門は俳人の遠藤若狭男さんら5人が行い、一般8編、小中高校生の各部7編を選ぶ。大賞の賞金は、詩が10万円、俳句が5万円。特別賞の一つの町漁協組合長賞では副賞として越前がにが贈られる。

 表彰式は来年2月16日の予定で、入賞者本人に通知する。申込先は〒916-0147、越前町内郡13の19の3、越前町生涯学習課「越前 蟹と水仙の文学コンクール」係。メールアドレスはgakusyu@town.echizen.lg.jp
 問い合わせは同課=電話0778(34)2000。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前かに」の名付け親、知名度向上に貢献

壁下誠

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)