トップページニュース越前がにミュージアム > 越前がにミュージアムを初公開 立体映像やジオラマ

越前がにミュージアムを初公開 立体映像やジオラマ

2000年06月21日

越前がにミュージアム

 建物完成後、二十日初めて公開された「越前がにミュージアム」は周辺のアクティブハウス越前、漁火(いさりび)温泉を含んだ福井県越前町の滞在型観光の拠点施設。映像、模型などを使い越前ガニの生態を視覚的に訴えるミュージアム棟が目玉になっている。

 同ミュージアムは鉄筋鉄骨コンクリート造り三階建て、延べ三千九百二十九平方メートル。総事業費二十億円を掛け一九九八年に着工、年間入場者数十五万人を見込んでいる。

 ミュージアム棟はカニの甲羅をイメージしたもので地上十六メートルの三階構造。玄関を入るとタイ、ヒラメなどが泳ぐ七メートル五〇センチのトンネル水槽が広がり、まるで水族館。通り抜けた奥には同館シンボルの巨大ガニ「ビックラブ」が歓迎してくれる。

 三階から一階まで吹き抜けになっているメーンのジオラマは、海面からカニが生息する深海三百メートルまで表現したもの。模型を使い百メートルごとに変わる魚種、海底の越前ガニの生態を立体的に見せている。各階を結ぶ回廊には小窓を設け映像でも生態系、漁業を見ることができる。

 明治時代から続くカニ漁の変遷をたどる展示スペース「かに漁今昔」では底引き網や船を引き揚げるのに使用したロクロを紹介。過去の福井新聞からたどった献上ガニのルーツも知ることができる。

 ほかにも海中シアターでは厳しい冬のカニ漁とにぎわう町、深海に生きるカニを立体映像で見せるほか、カニの複眼を通した深海の様子を再現するファンタジーゾーンもある。マーケット棟一階には町内二十五業者が組織する越前海鮮組合のカニ市場が開かれ、二階は越前産の新鮮な魚料理が楽しめるレストランが入る。

 同館では今後、小学生などにカニ漁の漁網を制作してもらい、実際に漁で使用するなど漁業に対する関心を高めていくという。

 またオープンに先立ち越前町は「蟹の文学コンクール」(福井新聞社共催)の応募を二十日開始した。九月二十日締め切り。Eメール応募のアドレスはkani―con@violin.ocn.ne.jp


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

みくに隠居処

みくに隠居処

芸能人・有名人が多数来店!三国を代表する名店「みくに隠居処」が味・見た目・バリエーションにこだわった蟹ランチをご提供。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニ雑炊

越前カニ雑炊

4人分

寒い冬にぴったりの心も体も温まる越前がにの雑炊

越前かにニュース (月別アーカイブ)