トップページニュース > 仏・美食ガイド本「ゴ・エ・ミヨ」北陸版発刊 越前がに解説も

仏・美食ガイド本「ゴ・エ・ミヨ」北陸版発刊 越前がに解説も

2018年06月01日

商品

北陸の食文化を支える風土に光を当てた「ゴ・エ・ミヨ ガイド北陸」 フランスの美食ガイド本「ゴ・エ・ミヨ」日本版で初の地域版ガイド本となる「ゴ・エ・ミヨ ガイド北陸」が発刊された。福井県内からは飲食店や食材、伝統工芸など60項目を掲載し、地域ならではの食文化を支える風土「テロワール」に光を当てている。

 日本版では2017年版、18年版に続く3冊目として、ガストロノミー・パートナーズ(東京)が4月に発刊した。20点満点で評価した18年版の北陸3県のレストランを再編集して掲載。各店シェフへの聞き取りを基に、信頼を寄せる生産者やお勧めの食材もジャンルごとに紹介している。

 福井県については、国内外から高い評価を受ける伝統工芸が継承され、京都の朝廷に食材を献上し御食国(みけつくに)と称された歴史を持つ土地柄を解説。特集欄に料亭「開花亭」(福井市)や高村刃物製作所(越前市)、新ブランド米「いちほまれ」がピックアップされた。

 県内のレストランは、フレンチの「レ・クゥ」(福井市)、寿司(すし)店「幸寿し」(同)、料亭「旬味 泰平」(同)など35店を掲載。越前がにの最高級ランク「極(きわみ)」、新ブランド地鶏「福地鶏(ふくじどり)」、県内各酒蔵が誇る地酒も丁寧に解説している。

 レストランの講評は、日英2カ国語で表記。編集部が美食にまつわるスポットを調査したツアー行程に沿って見学や体験を勧めており、訪日外国人客(インバウンド)受け入れの効果も狙っている。

 ガストロノミー・パートナーズのエルヴェ・クライ社長は4月下旬、県庁で西川一誠知事と面談。今後も食と観光をつなげた発信に意欲を示し、「いちほまれを首都圏やフランス、イタリアのシェフにも紹介できたら面白い」と語った。188ページ、定価1200円(税別)。県内では紀伊國屋書店福井店で取り扱っている。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)