トップページニュース解禁 > 【続報】越前がに漁待望の解禁 三国漁港でも次々水揚げ

【続報】越前がに漁待望の解禁 三国漁港でも次々水揚げ

2014年11月07日

解禁

帰港した漁船から次々と水揚げされる越前がに=6日午後5時40分ごろ、福井県坂井市の三国漁港 日本海の冬の味覚、越前がに漁が6日、解禁された。福井県内では坂井市三国町や越前町などから漁船が出漁。漁港には新鮮なカニが次々と水揚げされ、シーズン到来に活気づいた。

 三国漁港からは5日午後9時ごろ、三国港機船底曳網(そこびきあみ)漁協所属の漁船11隻が出港。6隻が6日午前中から帰港し、乗組員らがタグ付けなどに追われた。「第二春香丸(しゅんかまる)」の板本学保(たかやす)船長(44)は「セイコは例年より少し小さいが量は多い。ズワイは少なめ。次に期待したい」と話していた。

 初競りは午後6時ごろから始まり、競り人らの威勢のいい声が飛び交った。県漁連三国支所によると、競り値はズワイは5千~3万9千円、セイコは200~3500円。帰港船が約半数にとどまったため水揚げ量も少なく、ともに昨年より高値となった。

 越前町からは44隻が出港し、昼すぎをピークに37隻が続々帰港。同町大樟の越前漁港で午後5時から初競りが行われた。  同町漁協によると、競り値はズワイが1~3万円、セイコは500円~2千円が中心で、ともに昨年よりやや安値。水揚げ量はズワイが約3千匹、セイコは約12万匹でいずれも例年並みだった。

 越前がに漁はセイコが12月31日まで、ズワイは3月20日まで続く。

※越前かに、越前ガニ、越前カニなどの呼称もありますが、福井県は統一ブランド名として「越前がに」としています。


関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

みくに隠居処

みくに隠居処

国内最上級品質の「三国産」越前がにを使用したコース料理が日帰りで楽しめる。家族や会社の小旅行などでも気軽にご利用頂けます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品