トップページニュース越前がにミュージアム > 「ズワイガニ生態探る」 越前がにミュージアム 初代研究員 大間さん 小学生向け「塾」も

「ズワイガニ生態探る」 越前がにミュージアム 初代研究員 大間さん 小学生向け「塾」も

2016年09月08日

越前がにミュージアム

 7月にリニューアルオープンした福井県越前町厨の越前がにミュージアム。研究室が新設され、越前がにを育てる初代研究員として元館長の大間憲之さん(68)=越前町小樟=が着任した。「海は身近なものだが、知らないことだらけ。子どもたちに興味を持ってもらいたい」と意気込んでいる。

新しく着任した大間主任研究員=越前町厨の越前がにミュージアム

 同館は、担い手育成や越前がにの資源保護などを目的に2000年に開館。大間さんは、03年から09年まで館長を6年間務めた。今回の改修で約45平方メートルの研究室「クラブラボ」が設けられ、大間さんに白羽の矢が立った。「再び海に関わる研究ができてうれしい」と喜んでいる。


 主な仕事は、ズワイガニの飼育と研究。卵から稚ガニまで成育段階ごとに水槽を分け、観察しながら育てていく。以前は、卵からふ化した幼生をビーカーで育て、水槽に戻していたといい、「1年ごとに展示することで、成長具合を分かりやすくしたい」と話す。研究目標は「生態の解明されていない部分を見つけること」だという。


 飼育はまだ行われていないが、来年2月に産卵期を迎えた後、卵からふ化した幼生を育てていく。同時にえさのアルテミアも培養する必要があり、「実はえさの培養の方が難しい」と打ち明ける。


 旧越前町生まれで、長崎大漁業学科卒。研究だけでなく幅広い知識を生かし、来館者への展示説明やイベントを定期開催する。大間さんが講師を務め、越前がになど海に関する知識を幅広く学ぶ「第1回カニ塾」を11日午後1時半から、同館で開く。対象は小学5、6年生で、初回のテーマは「海はなぜ青い?海水はなぜしょっぱいの?」。大間さんは「海のおかげで、越前地区は夏涼しく、冬暖かい。そんな豆知識から子どもたちに学んでもらい、海や漁業に興味を持つきっかけをつくっていきたい」と前向きに話していた。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)