トップページニュース漁、競り・市場 > 越前がに いざ出漁 広島出身19歳玉原さん 単身福井県越前町に、底引き網で修業 「たくさん水揚げを」

越前がに いざ出漁 広島出身19歳玉原さん 単身福井県越前町に、底引き網で修業 「たくさん水揚げを」

2023年11月03日

漁、競り・市場

越前がに漁に初めて挑む玉原さん=福井県越前町新保の新保漁港 11月6日に解禁される越前がに漁に、広島市出身で福井県越前町に来た19歳の新米漁師が挑む。カニ漁師になるために単身来県し、今年4月から底引き網漁船に乗って経験を積んできた。「船長や乗組員に食らいつき、たくさん水揚げできるよう頑張りたい」と意気込んでいる。

 漁師は玉原一護さん=同町厨(くりや)。中学卒業まで広島市で育ち、島根県浜田市の水産高校に進学。水産法規や海技資格の取得に向けた勉強に励んだ。卒業後は地元に戻り、カーフェリーの乗組員として1年間勤務した。

 漁師を志すきっかけは、ベニズワイガニ漁師をしている高校時代の友人の存在。友人のいきいきと働く姿を見たり、さまざまな体験談を聞いたりするうちに「自分も挑戦してみたい」と思うようになった。

 「全国的にも有名な越前がにを取ってみたい」と同町にやってきた玉原さん。町漁協所属の「良和丸」に乗り込み、これまでにホタルイカや甘エビを水揚げした。仕事は魚の仕分けや網の巻き上げ作業など多岐にわたり「最初は覚えることで精いっぱいだったが少しずつ慣れてきた」と、本番を前に手応えを感じている。

 10月には県内水産業の担い手を育てる「ふくい水産カレッジ」に入校。漁師に必要な知識や技術の習得にも前向きに取り組む。

 念願の越前がに漁に玉原さんは「先輩から漁の過酷さは聞いているが、自分はできることをやるだけ」と、来年3月20日まで続く長い闘いの解禁日に向けて気を引き締めている。良和丸の北瀬良寛船長も「大変なことも多いが頑張ってほしい」と期待を寄せる。

 町漁協によると、同漁協所属の底引き網漁船に乗る県外出身者は玉原さんを含めて3人と、まだまだ少ない。小林利幸組合長は「玉原さんのような漁師がカニ漁で活躍してくれるのは喜ばしいこと。経験を積んで一人前に成長していってほしい」とエールを送った。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

至高のゆで蟹の秘密は絶妙のゆで時間

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき