トップページニュース漁、競り・市場 > 越前がに漁獲額最高 21億8700万円、水揚げも増 2202年度まとめ

越前がに漁獲額最高 21億8700万円、水揚げも増 2202年度まとめ

2023年03月31日

漁、競り・市場

越前がにの近年の漁獲量と漁獲金額漁期を通して安定的に漁獲することができた越前がに。漁獲金額は過去最高となった=2022年11月6日、福井県越前町の越前漁港 3月20日に2022年度の越前がに漁が終わり、福井県は3月30日、漁獲結果をまとめた。全体の漁獲量は前期比16%増の414トンで、金額は過去最高だった前期を2%上回る21億8700万円となった。県水産課は「漁期を通して安定的に漁獲することができた。稚ガニの保護や漁獲制限などで資源量の回復傾向が続いている」としている。

 22年度は11月6日の漁解禁後、10日間で漁獲割当量の半分を水揚げするほど豊漁が続いた。対策として初の漁獲制限が実施されたが、国などの漁獲枠追加により、雄のズワイの漁獲量が前期比17%増の155トン、雌のセイコが10%増の165トン、ズボガニ(水ガニ)が23%増の95トンと、いずれも大幅に増加した。

 漁獲金額は、ズワイが前期比1%増の15億6800万円、セイコは6%増の5億1100万円、水ガニは4%増の1億700万円。1キロ当たりの平均単価は「豊漁が相場に影響した可能性」(同課)があり、ズワイが14%減、セイコ4%減、水ガニ15%減となった。

 ズワイの最高級ランク「極」の漁獲数は、前年並みの45匹だった。1匹当たりの最高金額は漁解禁初日に記録した310万円だった。  越前がには、三国、越前、敦賀、小浜・大島の4地区で約60隻の底引き網漁船が水揚げしており、出漁した漁船数と日数を乗じた延べ操業日数は同6%増の2583日だった。漁期はズワイが11月6日~3月20日、セイコが11月6日~12月31日、水ガニが2月19日~3月20日。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

至高のゆで蟹の秘密は絶妙のゆで時間

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前がに甲羅蒸し

越前がに甲羅蒸し

4人分

セイコガニたっぷりの贅沢な一品