トップページニュース漁、競り・市場 > 越前がに漁獲枠120トン追加 水産庁 福井県内今季460トンに 漁業関係者「安定供給めど」

越前がに漁獲枠120トン追加 水産庁 福井県内今季460トンに 漁業関係者「安定供給めど」

2023年01月19日

漁、競り・市場

追加配分によって、シーズン通して安定供給できる見通しとなった越前がに=2022年11月6日、福井県越前町の越前漁港 昨年11月の漁解禁後に豊漁が続いた「越前がに」の福井県内の漁獲割当量に関して、国などから120トンの追加配分があった。1月18日までに水産庁が公表した。本県分の今季の当初割当量は雌雄合わせて340.75トンで、昨年末までに既に割当量の約75%を水揚げしていた。追加配分を受け、関係者からは「3月20日の漁期終了まで安定供給できる見通しが立った」と安堵(あんど)の声が聞かれた。

 国は資源維持を目的に、県ごとに漁獲制限を設けている。今回配分された120トンと当初割当量を合計すると本県分は460.75トンになり、前季実績の358トンを大きく上回ることになった。

 今季の越前がに漁は、11月6日の解禁から豊漁が続き、わずか10日間で漁獲上限の約5割に上った。福井県底曳(そこびき)網漁業協会はシーズン終了前に上限に達する可能性があるとして、漁船1隻当たりの水揚げ量を11月16日から制限。それでも、昨年12月末までの漁獲量は前年同期比13.6%増の254.5トンに達していたことから、漁師からは「(上限量に到達し)漁期の3月まで漁を続けられないかもしれない」といった不安の声が聞かれていた。

 本県の状況などを踏まえ、全国底曳網漁業連合会が水産庁に対し、従来は2月中旬に実施される追加配分の決定を早めるよう要請。国の「留保枠」から追加配分することなどが示され、福井を含む日本海側7府県の関係者協議で了承された。県底曳網漁業協会の中野良一会長は「シーズン通して安定供給できる見通しが立った」と話す。

 同協会は、11月の漁獲の自主制限に合わせ、雄の漁獲可能サイズを甲羅幅「9センチ以上」から「10センチ以上」に変更していたが、安定供給や資源保護の観点から追加配分後も継続する。2月19日から漁が始まるミズガニも甲羅幅「10センチ以上」から「10.5センチ以上」に変更する。

 福井以外で追加配分されたのは、石川県が15トン、富山県が2トン。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

みくに隠居処

みくに隠居処

国内最上級品質の「三国産」越前がにを使用したコース料理が日帰りで楽しめる。家族や会社の小旅行などでも気軽にご利用頂けます。

越前がに職人

一覧

至高のカニを確実に提供

刀根瑛昌

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前カニすき

越前カニすき

4人分

ひと味違う越前がにのかにすき