トップページニュース2016年11月 > 冬の味覚、越前がに解禁 ズワイ、セイコ水揚げ

冬の味覚、越前がに解禁 ズワイ、セイコ水揚げ

2016年11月06日

解禁

 福井県が誇る冬の味覚、越前がにの漁が6日、解禁された。初日の漁は、強風で波が高く早めに切り上げられ、午前6時ごろ、越前町の越前漁港に次々と船が帰港した。水揚げ作業は正午ごろに開始。船から新鮮な越前がにが詰められたトロ箱が次々と下ろされ、港は一気に活気づいた。越前町漁協の初競りは午後2時から行われ、県が設定した最上級ブランド「極(きわみ)」の1匹目に37万円の値がつき、競り場に拍手が沸き起こった。
 
 越前町大樟の越前漁港では5日、出漁式が行われ関係者約50人が安全と豊漁と祈願。午後8時半ごろから、約50隻の船が順次出港した。午前0時の解禁にあわせ網が入れられたが、波が高く多くの船が早々に漁を切り上げた。
 

 帰港した船にはトロ箱いっぱいにズワイガニやセイコガニが詰められ、関係者は水揚げ作業に追われた。競りに向け用意された水槽にズワイガニを入れたり、越前がにを証明する黄色いタグをカニの足につけるなどしていた。
 
 越前町漁協の小倉孝義専務は「量は例年の初日に比べ約3分の1。強風では仕方がない。好調だった昨シーズン並みになるよう今後に期待。新鮮な最高の越前がにを多くの人に食べてもらいたい」と話している。
 
 昨季の漁獲金額は前期比19%増の21億2100万円で、過去最高を記録。県が設定した最上級ブランド「極(きわみ)」も功奏。県は全体の評価が高まり単価が向上したと分析している。「極」は重さ1・3キロ以上、甲羅幅14・5センチ以上、爪幅3センチ以上の越前がに。
 
 越前がにの漁期は雄ガニが6日~来年3月20日、雌ガニが6日~12月31日で、水ガニは来年2月9日~3月20日。

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

越前がに職人

一覧

長年の経験と技術でカニの居場所探る

中野良一

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)