トップページニュース2022年11月 > 神楽坂で福井発信 3年ぶり「まつり」開催 東京 越前がに、焼きサバ、恐竜…

神楽坂で福井発信 3年ぶり「まつり」開催 東京 越前がに、焼きサバ、恐竜…

2022年11月27日

イベント

福井の特産品を買い求める人でにぎわった「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」=11月26日、東京都新宿区の赤城神社 福井県ゆかりの東京・神楽坂で福井の食や歴史をアピールするイベント「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」(県、若狭湾観光連盟主催、福井新聞社共催)が11月26日、開幕した。越前がになど旬の味覚を販売し、観光情報を発信した。最終日の27日は時代行列を繰り広げる。

 神楽坂は、江戸幕府の大老を務めた小浜藩主・酒井忠勝が屋敷を構えた。約1kmの神楽坂通りを通って江戸城に登城したとされる。この縁で地元商店街などの協力を得て、2008年からイベントを開いている。今回は新型コロナ禍で3年ぶりの開催となった。

 会場は赤城神社境内と神楽坂通り一帯。オープニングセレモニーでは県嶺南振興局の小林弥生局長が「北陸新幹線が開業すれば東京から1本。ぜひ来て」とアピール。新宿区の吉住健一区長は「地域を盛り上げる連携ができたら」と述べた。続いて若狭町の保存会が伝統芸能「棒振り太鼓」を勇壮に披露した。

 境内や通りには約20のテントやブースがずらり。旬の越前がにが人気を集めたほか、焼き鯖ずしや水ようかんは買い求める人で行列も。恐竜頭骨のレプリカや実物の年縞(ねんこう)の展示コーナーも設られ、訪れた人の関心を集めた。友人と訪れた近くの女性(36)は「黄金のように見えた年縞が泥と知りびっくり。若狭町が京都に近いことも知ったので、一緒に観光したい」と話していた。

 27日は、地元商店街関係者らが時代衣装で登城の様子を再現する「登城行列」がある。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前厨温泉 あらき

越前厨温泉 あらき

限定6室 海と夕日と蟹の旅館

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

至高のゆで蟹の秘密は絶妙のゆで時間

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

漁船と連携し品質を判断

田村幸次

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

カニのあんかけチャーハン

カニのあんかけチャーハン

2人分

カニチャーハンにとろ~り、あんをかけてプロ風の仕上がりに。