トップページニュース2019年10月 > 神楽坂(東京)一帯、福井色に 23、24日まつり 越前がに販売や伝統芸能、食PR

神楽坂(東京)一帯、福井色に 23、24日まつり 越前がに販売や伝統芸能、食PR

2019年11月21日

イベント

  福井県の特産品と観光情報を発信するイベント「ドーンと福井in神楽坂 越前・若狭まつり」(福井県、若狭湾観光連盟主催、福井新聞社共催)が11月23、24の両日、東京都新宿区の神楽坂通り一帯で開かれる。2023年春の北陸新幹線敦賀開業に向けたPRブースを設置するほか、越前がにをはじめ福井の食、おおい町の県無形民俗文化財「下村の獅子舞」を初披露し、福井の誇りをアピールする。

 
 神楽坂は、江戸時代に大老職を務めた小浜藩主酒井忠勝が屋敷を構えた場所で、神楽坂通りから江戸城に登城したという。この縁で地元商店街などの協力を得て毎年イベントを開いており、今年12回目。
 
 「下村の獅子舞」は江戸中期に伊勢から伝わったとされる。今回はちょっかいを出す天狗(てんぐ)と、怒り出す獅子のコミカルな舞。おおい町の保存会メンバーが、23日午前11時20分と午後3時の2回披露する。恒例の登城行列は同日正午にスタートする。
 
 新幹線PRブースには車両模型や運行ルートを紹介したパネルを並べるほか、県内観光地のポスターを掲示する。「恐竜王国福井」をPRするため、トリケラトプスの頭骨化石を実物展示する。
 
 メイン会場の赤城神社では、越前がに、地酒、水ようかんといった特産品を販売。沿道の9店舗でソースカツ丼、へしこパスタなど福井の味が500円で楽しめる。

関連するニュース

全て見る

おすすめの宿

おすすめの宿一覧

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

越前がに職人

一覧

競り落とすには度胸が必要

中橋睦男

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

越前ブイヤベース

越前ブイヤベース

4人分

越前がにの甲羅のうまみが絶品

越前かにニュース (月別アーカイブ)