トップページニュース2018年1月 > 1月22日まで水仙まつり 今村観光協連会長 「規模拡大 足運んで」【かれんにおもてなし】

1月22日まで水仙まつり 今村観光協連会長 「規模拡大 足運んで」【かれんにおもてなし】

2017年12月27日

イベント

 福井県の越前岬近くの高台の斜面。点々と咲く水仙の白い花びらが風に揺れる。「女性は花を見ると心が華やぐ。水仙を生かしたいろいろなおもてなしで例年以上に盛り上げたい」と、眼下に広がる水仙畑を見て意気込むのは、越前海岸観光協会連合会会長の今村真美子さん(52)。昨年、女性初の会長となり、水仙まつり運営を指揮している。

 本業は越前町厨の旅館社長。ロビーに水仙の花を飾り、越前がにと組み合わせた接客に連日大忙しだ。

 まつりが43回目を迎えた今冬、大きく変化したのは福井市越廼地区の9季ぶりの復帰。同地区は越前海岸最大の群生地だけに「より広い範囲で水仙とまつりを楽しめるようになった。海岸全体の水仙栽培面積は約70ヘクタールと広大で日本一だという点をPRし、多くの人に足を運んでもらえたら」と笑顔を浮かべる。

----------

水仙まつりの主なイベント

■越前町

▽12月15~27日 水仙と越前花器の甘いささやき展(午前9時~午後5時)=越前町小曽原の越前陶芸村文化交流会館

▽同16、17日 水仙・カニフェア(午前10時~午後4時)=同町厨の道の駅「越前」

▽1月7日 越前岬灯台一般開放(午前10時~午後3時)=同町血ケ平

■福井市

▽1月13、14日 こしの水仙まつり(午前9時半~午後4時)=福井市居倉町の越前水仙の里公園

▽同19~22日 水仙いけ花展(午前10時~午後4時)=福井新聞社・風の森ゾーン

■南越前町

▽1月20、21日 荒波フェスタ(午前10時~午後4時)=南越前町河野の河野シーサイドパークA


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

越前 蟹の坊

越前 蟹の坊

三国の“おいしい”を詰め込んだ土産物とお食事の店。望洋楼のオリジナル商品や、新鮮な地元の海の幸を使った丼メニューはバラエティー豊か。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

紋や

紋や

旬の料理とうまい地酒を味わえる店。地の物、天然物にこだわり抜いた食材が自慢。定番だけでなく独自のカニ料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)