トップページニュース > 古事記「角鹿の蟹」はズワイ⁉ 福井県立大名誉教授・矢野さん エビ、カニの研究本を発刊

古事記「角鹿の蟹」はズワイ⁉ 福井県立大名誉教授・矢野さん エビ、カニの研究本を発刊

2022年01月13日

歴史

矢野勲・県立大名誉教授矢野さんの新著「エビはすごい カニもすごい」

 福井県立大海洋生物資源学部名誉教授の矢野勲さん(78)=兵庫県西宮市=が、長年にわたる研究成果をまとめた「エビはすごい カニもすごい」をこのほど発刊した。エビ、カニの生態や行動、体の仕組みのほか、古事記に記述がある「角鹿の蟹(かに)(=敦賀のカニ)」は若狭湾のズワイガニ(越前がに)であるとの見解を披露している。

 古事記の応神天皇の段には「この蟹や何処(いずく)の蟹百伝(ももづた)ふ角鹿の蟹-」という記述がある。矢野さんによると、ズワイガニは水深200~600メートルの海底に生息し、古代の漁法では捕ることが難しいとみられていたが、東南アジアに伝わる「トラップ網」という漁具を使えば可能になる。新書では糸やひも、石などを使うトラップ網の仕組みと漁法を詳述している。

 矢野さんは「干潟や河川で捕れるモクズガニやガザミであれば、わざわざ『角鹿の蟹』と記載するのは不自然」と指摘。若狭湾では岸から遠くない場所に漁場があることからも信ぴょう性が高いとしている。

 新著は「研究者人生の集大成」と矢野さん。テーマは幅広く▽エビ、カニをゆでると赤くなる仕組み▽なぜカニは横歩きするのか▽シャコ、ヤドカリとの違い-などを解説。ハサミを閉じることでプラズマを発生させ獲物を倒すエビ、毒のあるイソギンチャクを盾にして身を守るカニなど多彩な生態も紹介している。
 
 中央公論新社刊。288ページ。990円。
 

 


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

光風湯圃 べにや

光風湯圃 べにや

3年の構想を経て再建された"老舗旅館"

みくに隠居処

みくに隠居処

越前ガニの宝楽蒸し、塩釜焼き等、他店では食べることの出来ない名物カニ料理を提供する名店。全国からお客様が訪れるイチオシの宿。

割烹旅館 越前満月

割烹旅館 越前満月

広大な敷地にわずか9室をしつらえた木造平屋造りの宿。広々とした部屋、和の庭園、贅を尽くした露天風呂付客室がお迎えします。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

らでん

らでん

越前がにを極めて30年以上。県内一のかに問屋が営む日本食レストランで、越前海岸と同じ最高の鮮度と味のカニを楽しめる。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

開花亭

開花亭

国指定有形文化財に選ばれた歴史ある老舗料亭。ここでしか出会えない、職人技が光る贅の限りを尽くした越前がに料理を堪能できます。

越前がに職人

一覧

「越前がには日本で一番おいしいカニ」

田村幸一郎

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

セイコガニの甲羅盛り

セイコガニの甲羅盛り

1人分

カニみそも足の身もあますところなく盛りつけ【動画あり】