トップページニュース歴史 > 古代天皇 和歌詠み舌鼓 角鹿(敦賀)の蟹

古代天皇 和歌詠み舌鼓 角鹿(敦賀)の蟹

2016年01月03日

歴史

  「この蟹や 何処(いづく)の蟹 百伝(ももづた)ふ 角鹿(つぬが)の蟹(このカニはどこのカニ。はるばる遠い角鹿のカニ)」―。古事記には、4世紀ごろ活躍した15代応神(おうじん)天皇が宴席料理を前に詠んだという和歌があり、カニが日本で初めて文献に記されたとされる。角鹿は敦賀(福井県敦賀市)の古名。古代、県産のカニは朝廷への献上品の一つに数えられていた。


 角鹿は現在の敦賀市を中心に越前町なども含む領域。一帯を治めた豪族「角鹿氏」の系譜を受け継ぐ、福井市立郷土歴史博物館長の角鹿尚計(つのがなおかづ)さん(55)は「豊かな海の幸は古事記に残るほど喜ばれた。御食国(みけつくに)として朝廷の台所を支えた」とみる。

 ところで、文献に出てくるカニの種類はよく分かっていないという。万葉集の記述を参照すると、淡水や汽水のカニとの説も有力らしい。「県民としてはズワイやセイコだと夢が広がるんですけどね」と角鹿館長。


 文化人も同じ思いを抱いたのか。敦賀出身で江戸―明治期の日本画家、内海元紀(もとのり)は1874(明治7)年出版の詩画集「敦賀十勝」で「角鹿の蟹」を描写した。その姿は冬の味覚の王様「越前がに」にしか見えない。


おすすめの宿

おすすめの宿一覧

越前の宿 うおたけ

越前の宿 うおたけ

熟練の仲買人が営む宿で、越前がにの新鮮さは折り紙つき。自慢の展望温泉にゆったりとつかり、ご褒美のひとときをあじわえます。

ホテル割烹 石丸

ホテル割烹 石丸

目の前でさばかれる極上の越前がにに舌鼓。日本海を望む絶景と四季折々の海の幸、心くつろぐ安らぎの時間を味わえます。

望洋楼

望洋楼

お客様の喜びを追求、進化する宿。ご主人自らが選び抜いた至高の越前がに料理は圧巻。眺望絶佳の露天風呂でごゆるりと。

おすすめの料理店

おすすめの料理店一覧

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

日本料理越前がに専門店 やなぎ町

越前がにを知り尽くした料理長がきめ細やかなカニ料理をご提供します。スタッフとの“カニ談義”も魅力。心を込めたおもてなしで極上のひとときを。

旬味 泰平

旬味 泰平

四季折々の旬の味覚を楽しめる店。越前がにを引き立て、より美味しく味わうための“合間の一品料理”にもこだわるおもてなし。

長者町 いわし屋

長者町 いわし屋

心づくしの越前がに料理を味わえる福井駅近くの老舗。夜のコースから昼食まで伝統と格式あふれる落ち着いた雰囲気とおもてなしでお迎えします。

越前がに職人

一覧

越前がにならおまかせ

納谷一也

詳しくはこちら

越前ガニのおすすめ料理

おすすめ料理一覧

ズワイガニの甲羅盛り

ズワイガニの甲羅盛り

1人分

太い足の身をたっぷりと甲羅に乗せた迫力の一品 【動画あり】

越前かにニュース (月別アーカイブ)